編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

イノベーションとコラボレーションを生み出すオフィスへ

HENNGE株式会社

From: PR TIMES

2020-01-14 12:25

高パフォーマンスな社員のアイデアを素晴らしいアウトプットにつなげるために



[画像1: (リンク ») ]


HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:小椋 一宏)は今後のビジネス拡大と、高パフォーマンスな社員のアイデアを素晴らしいアウトプットにつなげ、チームとしても効率的に働けるオフィスを目指して、東京本社のオフィスを本日1月14日(火)にリニューアルしました。

競争力の高い世界のトップタレントを集めるためには働きやすい環境づくりが必要になります。 リニューアルしたオフィスは次の3つを土台にデザインしました。

□完全フリーアドレス
社員の固定席を全て廃止しました。時間や場所にとらわれない働き方が広がり、オフィス自体を必要としない未来も見越し、自社オフィスを完全にフリーアドレスといたします。コミュニケーションやマネージメントなどにおける新たな課題が発生することも予想されますが、オフィスの位置付けが大きく変化する将来への実証実験という狙いも含んでいます。
[画像2: (リンク ») ]



□ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)
社員が自分のタスクやスケジュールに合わせて、働く場所を決められるABWを採用しました。社員は日々の業務に即して、チームワークに適した場、ディープワークに適した場所など臨機応変に働くことが可能になります。自ら考え、自走する社員を増やす取り組みの一環です。
[画像3: (リンク ») ]


□テクノロジーの活用
完全フリーアドレスとABWで発生する課題を解消するために、積極的に新しいテクノロジーを活用します。リモートワークの社員と迅速な情報共有を可能にするWeb会議やデジタルホワイトボード、社員の働いている場所を知らせるIoT、コミュニケーション活性化のためのビジネスチャット、生産性向上ならびに業務自動化のためのチャットボット、時間と場所を問わず業務を可能にするSaaSなどの導入で、滞りなく最大限のパフォーマンスを引出します。
[画像4: (リンク ») ]


新しいオフィスは未完成の状態でスタートします。これはオフィスも常に変化させていきたいと考えているからです。HENNGEでは今後オフィスの運用で得た知見を、サービス改良や新製品の開発へ結びつけてまいります。


■HENNGE株式会社について
「テクノロジーの解放」を理念に、独自の技術や時代に即した新しいテクノロジーを探し出し、他社に先駆けて、テクノロジーと現実の間のギャップを埋めるサービスを開発しています。

会社名:HENNGE株式会社
所在地:東京都渋谷区南平台町16番28号 Daiwa渋谷スクエア
代表者:代表取締役社長: 小椋 一宏
URL: (リンク »)


<本リリースに関するお問い合わせ先>
HENNGE株式会社
Corporate Communication Office Division
Tel:03-6415-3660
Mail:info@hennge.com
担当:山本 有哉

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]