編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

Wacacoがコーヒー抽出で真空圧を利用する初の携帯コーヒーメーカー、Pipamokaを発売

Wacaco

From: 共同通信PRワイヤー

2020-01-16 09:12

Wacacoがコーヒー抽出で真空圧を利用する初の携帯コーヒーメーカー、Pipamokaを発売

AsiaNet 82527 (0080)


【香港2020年1月16日PR Newswire=共同通信JBN】
*好評を博すMinipressoとNanopresso携帯エスプレッソメーカーのクリエーターが発売するPipamokaは、コーヒー愛好家に一体型のコーヒー旅行体験を提供するように設計されている

*Pipamokaはこの種では初のねじりメカニズムを使用して真空圧をつくり出し、ユーザーは2分でカップいっぱいのバランスのとれたコーヒーを淹れることができる

Wacacoはこれまでに百万台を超える携帯エスプレッソマシンを世界で販売してきたが、旅行向けに設計された、エスプレッソでない初のコーヒーメーカーPipamokaを発売して、大胆にも携帯フィルターコーヒーメーカー市場に参入した。小売価格は46.90米ドルである。

Video - (リンク »)

Photo - (リンク »)

Logo - (リンク »)

Pipamokaの浸出プロセスはユニークである。ユーザーは挽いたコーヒーを専用フィルターバスケットに挿入し、お湯をPipamokaに加え、フィルターバスケットをPipamokaの底に落とし込む。革新的なねじれメカニズムによって真空圧がトラベルマグカップの中に生まれる。この負圧がコーヒー粉末の中を通ってお湯を引き出す吸引力を発生させる。コーヒーは断熱保温カップに直接抽出され、何時間も保温される。

加圧環境は抽出を速め、バランスのとれたコーヒーを淹れるには2分しかかからない。この革新的な設計はすべての抽出用具を保温機能のあるステンレスのカップに巧妙に組み込んでおり、旅行者は収納スペースを節約し、パッキングを最小限に抑えることができる。

Wacacoの共同創設者であるヒューゴ・カイレトン氏は以下のように語った。「われわれはこの特許取得済みのコーヒーメーカーを開発するために2年を費やした。世界中の当社のファンとこれを共有できることを大変うれしく思う。当社のファンはアドベンチャーの際にフィルタースタイルコーヒーを淹れるトラベルフレンドリーな方法を求めていた」

「一体型の設計、真空圧機能に加え、ロングコーヒー、コールドブリュー(水出し)、エスプレッソスタイルコーヒーを抽出する能力があり、Pipamokaはさまざまなコーヒー愛好家がいつでも、どこでも、好みのコーヒーを楽しむことができる本当にユニークなコーヒーメーカーである」

Wacacoは、日常的にコーヒーを楽しむ人に最小限のツールを提供するように設計された革新的な携帯コーヒーメーカーを開発し、旅行熱に誘われるままにあらゆる場所を訪問する際に必要なカフェインを活性化させる。

写真とビデオはウェブサイト (リンク ») で閲覧できる。

ウェブサイト:www.wacaco.com 、 (リンク »)

ソース:Wacaco

▽問い合わせ先
Hugo Cailleton
Co-Founder
media@wacaco.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]