編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

【東芝】新型コロナウィルス向けの抗ウイルス性試験を外部へ委託

株式会社 東芝

From: Digital PR Platform

2020-02-28 16:29


東芝グループは、本日、室内のわずかな光で抗菌・抗ウイルス・消臭効果を発揮する可視光応答型光触媒「ルネキャット®」の新型コロナウィルスに対する抗ウイルス性試験を実施するため、外部機関に委託することを決定しました。

東芝グループは100年以上にわたり培ってきた照明フィラメント材料として使用されるタングステン*1の材料設計技術を持っています。ルネキャット®は、タングステンの酸化物が持つ光触媒性能を活かし、株式会社東芝が2008年に開発したもので、現在、東芝デバイス&ストレージ株式会社の子会社である東芝マテリアル株式会社が販売しています。
ルネキャット®は床や壁などに噴霧することで抗菌・抗ウイルス・消臭効果を発揮します。これまでに、外部機関において、鳥インフルエンザウイルスやO157、黄色ブドウ球菌などを抑制することが確認されています。

■ルネキャット®WEBSITEはこちら
(リンク »)
■ルネキャット®抗菌効果の動画はこちら
(リンク »)

以 上

*1 元素記号W 金属元素の一つ。融点は3,000℃以上、沸点は5,500℃以上と耐熱性が非常に高い。タングステンの酸化物は光触媒性能を発揮することが知られている。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]