編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Lacoste、Contentserv でオムニチャネルのブランド体験を向上

ラコステ事例を公開

株式会社Contentserv

2020-03-23 09:30

※本リリースは、Contentserv Groupが2020年3月3日(欧州時間)に発表したリリースの抄訳です。

ワニのロゴで知られるフランスの大手アパレルメーカー「ラコステ( Lacoste)」社は 2 年前に、商品体験プラットフォーム(PXP)のグローバルリーダーである Contentserv (本社:スイス、エルマツィンゲン、日本法人:東京都港区、以下Contentserv)との協力のもとで、商品の市場投入までの期間短縮と世界すべての e コマースサイトの最適化に向けた取り組みを始めました。ラコステが目指しているのは、店舗でもオンラインでも場所を問わず、消費者に独自の体験を提供することです。ラコステと Contentserv は本日、この取り組みによる成果を新しい事例として公開しました。

ラコステの主な目標は、オムニチャネルを拡大し、すべての流通チャネルで一貫したブランドプレゼンスを確立して、世界中の消費者に魅力的で優れた商品体験を提供することでした。これを達成するためにいくつかの PIM ソリューションを評価した結果、Contentserv の実績ある商品情報管理ソリューションを選択したのです。

Contentserv を導入したことにより、ラコステは、正確かつ高品質な商品コンテンツを維持し俊敏性と柔軟性を向上するとともに、最終的にはすべての e コマースサイトと店舗でシーズンごとに適切な商品を迅速に展開できるようになりました。

「このソリューションに大変満足しています。2年にわたり期待どおりの効果を発揮し、導入による第 1 の目標を達成できました」と、ラコステ社の最高情報責任者である Jean-Philippe Dran 氏は述べています。

運用プロセスの効率化、データ全体の品質の確保、市場投入までの期間短縮を達成した今、同社はソリューションのさらなる拡張を目指しています。次のステップとして、近いうちに Contentserv のデジタルアセット管理(DAM)コンポーネントを統合する予定です。

詳細は、Lacosteのオムニチャネル戦略における Contentserv の活用事例をぜひご覧ください。
(リンク »)

****
■Contentserv について
Contentserv(コンテントサーブ)は、あらゆるチャネルに対して最適化された商品コンテンツを提供し、リッチでエモーショナルな商品体験を創出するオムニチャネル商品情報プラットフォームです。商品情報管理(PIM)、マスターデータ管理(MDM)、デジタルアセット管理(DAM)統合型プラットフォームによって、企業の持続的な成長とブランド価値の向上を支援します。Contentservは、小売業や製造業において、営業、マーケティング、経営企画、製品開発、情報システム等さまざまな部門で利用されています。Contentserv Japanについては、下記をご参照ください。

Webサイト: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Youtube: (リンク »)


<本件リリースに関する問合せ先>
株式会社Contentserv
マーケティング部・プレウスレン
Email: marketing_jp@contentserv.com
Tel: 03-6823-5811

Contentserv Group
マーケティングコミュニケーションズ、ディレクター
Petra Kiermeier
pr@contentserv.com · www.contentserv.com
Tel +49 8442 9253 800

このプレスリリースの付帯情報

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

※Contentserv ®およびFuturize Experience®︎ は、スイスおよびその他の国における Contentserv Group AGの登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]