編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

SD-WAN・サイバーセキュリティ機能を飛躍的に強化

アライドテレシスホールディングス株式会社

From: Digital PR Platform

2020-04-24 18:00


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、スイッチ・ルーター製品のファームウェア「AlliedWare Plus(AW+)」をバージョンアップし、新ファームウェア「AW+ Ver.5.5.0-0.1」の当社ホームページからのダウンロードサービスを4月24日より開始しました。また、新製品「VRF-Liteフルライセンス」「AMF-SECurity miniライセンス」の出荷を4月27日より開始します。
(リンク »)

今回のバージョンアップでは、SD-WAN機能の強化や、外部セキュリティ装置と連携してネットワークセキュリティの構築を実現するAMF-SECurity mini機能のサポートに対応しました。ほかにも、スイッチの統合管理機能強化などに対応しました。

<ファームウェア「AW+ Ver. 5.5.0-0.1」で拡張した主な機能>
■SD-WAN機能を強化、インターネットブレークアウト機能をより柔軟に使用可能に
従来から対応していたアプリケーションに応じて自動的に転送先を振り分けるインターネットブレークアウト機能を強化し、Office365トラフィックのプロキシーサーバー環境下での振り分けにも対応しました。プロキシーサーバーがセッションオーバーになることを防ぐだけでなく、PBRと併用することでセンター側の回線トラフィックを削減することも可能です。
〈対象機種〉AT-AR4050S、AT-AR3050S、AT-AR2050V、AT-AR2010V

(リンク »)
Office 365導入によりプロキシーサーバーのセッション数消費問題や回線トラフィックの増大などの問題が生じることがあります。ARルーターではプロキシーサーバーの迂回や拠点から直接Office 365に接続できるインターネットブレークアウトが構築できセンター回線のトラフィックを削減します。

■サーバーレスでサイバーセキュリティソリューションの導入が可能に
外部セキュリティ装置と連携してネットワークセキュリティの構築を実現するAMF-SECurity (AMF-SEC)ソリューションの機能をサーバーレスで使用可能な「AMF-SECurity mini」*1にルーター製品「AT-AR4050S」が対応しました。これまで、AMF-SECは別途サーバーが必要でしたが、本リリースによりサーバーレスでAMF-SECが導入できるため、より簡単にセキュリティの強化が可能になります。
〈対象機種〉AT-AR4050S

■統合管理機能への対応製品追加・その他スイッチ機能の強化
有線/無線LANのネットワーク構成を見える化しネットワークの統合管理の簡素化を可能にするVista manager miniに新たにスイッチ製品「CentreCOM x550シリーズ」が対応しました。
また、「SwitchBlade x908 GEN2」「CentreCOM x950シリーズ」においてVRF-Liteインスタンス数の拡張に対応し、拡張用ライセンス「VRF-Liteフルライセンス」をリリースしました。

・VRF(Virtual Routing and Forwarding)
1台のルーターやスイッチ上に複数のルーティングテーブル(ルーティングインスタンス)を持つことができるようにする機能です。この各ルーティングインスタンスをVRFインスタンスと呼びます。それぞれのVRFインスタンスは独立しているため、同一機器上であってもVRFインスタンス間で重複するIPアドレスを使用することができます。また、ルーティングプロトコルもVRFインスタンスごとに独立して動作させることができます。これらの機能により、1台の機器を複数台の機器のように動作させることができます。VRFはMPLSネットワーク上で使用することを想定したプロトコルですが、VRF-LiteはMPLSネットワークに依存しない設計となっており、よりシンプルな実装となっています。

<バージョンアップ対象製品>販売中
AT-SBx81CFC960(SwitchBlade x8100シリーズ)、SwitchBlade x908 GEN2
CentreCOM x950/x930/x550/x530/x530L/x510/x510DP/x320/x310/x230/x230L/x220シリーズ、AT-IX5-28GPX
CentreCOM Secure HUB SH310/SH230/XS900MX/GS980MX/GS980EM/GS980M/FS980Mシリーズ
CentreCOM IE340/IE340L/IE200/IE210Lシリーズ
AMF Cloud
AT-AR4050S、AT-AR3050S、AT-AR2050V、AT-AR2010V、AT-AR1050V

<新製品>リリース予定日:4月27日
(リンク »)
*1 AMF-SECurity miniの利用には別途AMF-SECurity miniライセンスが必要です。

---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL: (リンク »)
---------------------------------------------------------------------
<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
E-mail: pr_mktg@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL: (リンク »)
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]