編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

SAE J2716(SENT)からCAN/RS-232ゲートウェイの販売開始

SAE J2716(SENT)からCAN/RS-232ゲートウェイの販売開始

ポジティブワン株式会社

2020-05-11 00:00

2020年5月11日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、「SAE J2716(SENT)からCAN/RS-232ゲートウェイ」 の販売を開始します。

SAE J2716(SENT)RS-232 / CANバスゲートウェイは、 2双方向SENT(シングルエッジニブル伝送)チャネル、2つのアナログ出力チャンネル、RS-232またはCANバスインタフェースのいずれかを備えています。デバイスの柔軟性により、ユーザーはそれをPCインターフェイス/ SENTデータロガー、PLCまたはテストシステムのゲートウェイとして、また一般的にはSENT通信の監視とシミュレーションに使用できます。アナログ出力は、SENTデータフレーム信号をアナログ電圧に直接変換する可能性を提供します。

◆特徴
・ SENT-to-CANまたはSENT-to-RS-232ゲートウェイ
・ SENTロガー/テスター/シミュレータ
・ 2 SAE J2716(SENT)チャネル
・ RXまたはTXとして構成可能な各チャネル、チャネルは独立
・ SAE J2716:2016(Fast、Short Serial、Enhanced Serial)に準拠した高速および低速メッセージをサポート
・ SENT / SPCをサポート
・ 構成可能なSENTチャネルパラメータ-ティック時間、ニブルカウント
・ 2つのアナログ出力チャネル(12ビットDAC、0-4,095 V)
・ オンボードの残留メモリ
・ インテリジェントなメッセージフィルタリング
・ 1x DSUB9F(RS-232 / CAN)、1x 8ピンターミナルブロック
・ 入力電力9-30 V DC
・ 4x LED(3xステータス、1x電源)
・ 1xリセットスイッチ
・ 過電流保護付き5V DC出力
・ 寸法108 x 54 x 30 mm
・ テーブルまたはDINレールマウント

Fast、Short Serial、Enhanced Serialのメッセージ形式がサポートされています。ユーザーはチャネルパラメータ(方向、ティックタイム、ニブルカウント、フィルタ)を構成し、構成をデバイスの不揮発性メモリに保存できます。各SENTチャネルは、2つのRXチャネル/ 1つのRXチャネルと1つのTXチャネル/ 2つのTXチャネルというすべての可能なユースケースに合わせて個別に構成できます。

コンバータは、インバウンドSENTデータフレームをアナログ電圧に直接変換するために使用できる2つのアナログ出力チャネル(12ビットDAC)を提供します。アナログ出力チャネルは、任意のSENTチャネルにマッピングできます。変換パラメーターは完全に構成可能です。

着信SENTフレームのインテリジェントなフィルタリングが導入され、RS-232またはCAN通信が過負荷にならないようになりました。CANバリアントは、TXとRXの両方に構成可能なCAN識別子を提供し、同じCANバス上で複数のデバイスを同時に使用できるようにします。デバイスのファームウェアはPCからアップグレード可能です。

デバイスの設定、およびSENT通信のモニタリング、ロギング、シミュレーション用のPCアプリケーションが無料で利用できます。このデバイスは、RS-232 / CANを介して通信プロトコルを提供するため、ユーザーはデバイスをテストベンチ、HiLリグ、エンドオブラインテスターなどの既存のシステムに簡単に統合できます。このプロトコルは、デバイスのSENTおよびアナログチャネルを構成し、SENT FastおよびSlowメッセージを送受信する機能を提供します。

◆ ソフトウェアとシステムの統合
既存のシステムに統合するための通信プロトコル構成、受信、送信、およびロギング用の無料の「SENT Gateway Analyser」PCアプリケーション
注:SENT Gateway Analyzerアプリケーションは、任意のRS-232ポート(COMポート)で動作します。SENT-CANバリアントで使用する場合、SENTゲートウェイアナライザーは、CANバスを介した通信にKvaser CANドライバを使用します。したがって、SENT-CANバリアントとの通信には、KvaserによるCANインターフェイスが必要です。ユーザーは未加工のCANメッセージでデバイスを制御できます。

SAEサポートのないシステムにSAE J2716バスを接続するためのアナログ出力チャネル
PCからアップグレード可能なデバイスのファームウェア

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、IoT端末、エッジコンピュータ、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]