編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

電源ケーブルレスでの電源供給を実現する PoEパススルー対応のスイッチ2種をリリース

アライドテレシスホールディングス株式会社

From: Digital PR Platform

2020-05-19 18:00


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、PoEパススルー対応のスイッチ「AT-x320-11GPT」「AT-GS980EM/11PT」の出荷を5月20日より開始します。
(リンク ») (リンク »)
左:AT-x320-11GPT 右:AT-GS980EM/11PT

無線LANアクセスポイントやネットワークカメラ、IP電話機などに給電を行えるPoEデバイスは、電源を用意できない現場や美観を重視するようなオフィスなどで幅広く利用されています。PoEデバイスの増加と性能向上に伴い、様々な環境においてますます需要が高まっています。

当社はこの度、PoEパススルーに対応したスイッチ製品「AT-x320-11GPT」「AT-GS980EM/11PT」の2製品をリリースします。
PoEパススルーは、PoEで受電した電力を自身で使いつつ、配下のPoEデバイスに給電する機能です。末端のPoEデバイス側では電源ケーブルを使用せずに電源供給が可能となり、AC電源が用意できない場所のような、従来では機器の設置が難しかった場所への導入や、停電時におけるバックアップ電源の効率的な運用など、様々なシーンで活用いただけます。

<図:PoEパススルー>
(リンク »)

「AT-x320-11GPT」「AT-GS980EM/11PT」はファンレスデザインとアライドテレシスの独自OSであるAlliedWare Plus OSによる豊富なスイッチング・ルーティング機能を備えた、レイヤー3 ギガビット・インテリジェント・スイッチです。最大30WのPoE+給電が可能な1GbEポートを8ポート搭載し、さらにPoEの受電が可能なPDポートを1ポート搭載したモデルです。ACアダプター駆動の場合は筐体あたり最大62W、PoE++スイッチからの90W PoE++受電の場合は、最大46.2WのPoE給電が可能なPoEパススルー機能に対応するためPoE給電の自由度を向上させます。

■アドバンストモデル「AT-x320-11GPT」
・ポート仕様:10/100/1000BASE-T(PoE+)×8、10/100/1000BASE-T(PoE++ PD)×1、SFPスロット×2
広い温度範囲と多彩なソフトウェア機能で、レイヤー3スイッチ機能とファンレス設計により、静穏性とネットワーク集約が求められる学校や病院のディストリビューション・スイッチ用途に最適な性能を発揮します。

■エントリーモデル「AT-GS980EM/11PT」
・ポート仕様:10/100/1000BASE-T(PoE+)×8、10/100/1000BASE-T(PoE++ PD)×1、SFPスロット×2
AT-x320-11GPTと同じ給電能力を搭載しながら、ネットワークエッジ向けに機能を絞ることで、高いコストパフォーマンスを実現したエントリーモデルのPoEパススルースイッチです。
PoE+給電を活かした次世代無線LANアクセスポイントの集約スイッチとしての利用や、エッジでのルーティングを最小限のコストで実現するエッジ・スイッチソリューションを提供可能な製品です。

■ソリューション例
<図: 電源ケーブルレスPoEスイッチソリューション>
(文教向け - 体育館の例)
(リンク »)

放送室と観覧席にAT-x320-10GHとAT-x320-11GPTを設置すると、AT-x320-10GHからAT-x320-11GPTに給電することができます。さらに、PoEパススルーによりx320-11GPTからIPカメラや無線APなどのPoEデバイスに給電可能です。観覧席からの場内監視や無線LANサービスの展開を行うことができます。

<図: 電源ケーブルレスエッジスイッチソリューション>
(企業向け)
(リンク »)

常時稼働していなければならない場所で、図のようにx320-10GHとx320-11GPTを接続します。
この構成でx320-10GHにUPSを接続すれば、下位のx320-11GPTはPoEパススルーによって稼働し、停電時でもデバイスにPoE供給をし続けます。
またUPSはx320-10GHのみに接続すればよいため、UPSの台数が減ることで管理がシンプルとなり、コスト削減にもつながります。

詳細は、Webサイト「ソリューション:進化したPoEで自由度の高い電力供給を」をご覧ください。
(リンク »)

<表: AT-x320-11GPTとAT-GS980EM/11PTの機能差分>
(リンク »)

<新製品>
リリース予定日:5月20日
(リンク »)

*1 本製品はデリバリースタンダード保守付の保守バンドル製品です。保守バンドル製品についての詳細は下記URLをご覧ください。
(リンク »)
*2アカデミック製品は文教ユーザー様に、デリバリースタンダード保守5年/7年付の製品または5年/7年の時限付フィーチャーライセンスを特別価格でご提供するものです。本製品は、文教ユーザー様に限定させていただきます。詳細は下記URLをご覧ください。
(リンク »)
注)PoE:Power over Ethernet は、LANケーブルを利用し電力を供給し、受電する機器側の電源が不要となる仕組みです。PoE給電対応の機器にて電力の供給が可能となり、給電するLANケーブルにはCat 5E以上の仕様が必要です。
注)サポートチケットについては当社ホームページをご覧ください。


---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL: (リンク »)
---------------------------------------------------------------------
<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
E-mail: pr_mktg@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL: (リンク »)
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]