編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第83回 Borgクラスター稼働状況の最新データ

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2020-07-03 09:00

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第83回 Borgクラスター稼働状況の最新データ」を公開しました。
###

はじめに

 今回は、2020年に公開された論文「Borg: the Next Generation」を元にして、Googleのデータセンターにおけるサーバークラスター稼働状況の最新データを紹介します。Googleのデータセンターでは、Borgと呼ばれる独自のクラスター管理システムを使用していますが、オープンソースのコンテナ管理システムであるKubernetesは、Borgの仕組みがベースになっていることでもよく知られています。今回公開されたデータは、大規模な環境でKubernetesを活用する際のヒントにもなるでしょう。

Borgによるコンテナ実行環境

 Kubernetesの環境では、「Deployment」リソースを定義すると、そこで指定されたコンテナイメージを用いて、同一の機能を提供する複数のPodが起動します。これに対応して、Borgの環境では、マスターサーバーに「Job」の作成要求を出すと、そこで指定されたアプリケーションバイナリーから(同一の機能を提供する)複数のコンテナが「Task」として起動します。Kubernetesの環境では、それぞれのPodが利用するCPU時間とメモリー容量について上限を設定することができますが、Borgの環境でも同様の設定が行われます。
 また、Kubernetesの環境においてPodの数を自由に増減できるのと同じように、Borgの環境でもTaskの数をダイナミックに増減することができます。Borgの環境には、「Autopilot」と呼ばれるオートスケーリングの機能が用意されており、これを用いると、1つのTaskに割り当てるCPU時間とメモリー容量の上限(垂直スケーリング)、および、Taskの数(水平スケーリング)をアプリケーションの負荷に応じて自動調整することができます。
 そして、Borgに投入するJobには、次の4種類のプライオリティのいずれか1つが設定されます。

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]