編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

川崎重工企業ブランドムービー 『モーターサイクル篇』 2020年7月1日(水)公開

川崎重工業株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2020-07-01 11:00

2020年7月1日

川崎重工業株式会社

世界中のライダーが最速に挑む「ボンネビルスピードウィーク」
世界最速記録(※)を樹立したモーターサイクル
「Ninja H2(ニンジャ エイチツー)」が叶えたかった夢とは?
川崎重工 企業ブランドムービー 『モーターサイクル篇』
2020年7月1日(水)公開

川崎重工業株式会社(所在地:東京都港区、以下「川崎重工」)は、2020年7月1日(水)より、コーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにした企業ブランドムービー「カワる、サキへ。」の最新作『モーターサイクル篇』を公開します。

【動画: (リンク ») 】

▼川崎重工 企業ブランドムービー「カワる、サキへ。」
『モーターサイクル篇』(105秒) (リンク »)

【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】

【制作背景】

■「カワる、サキへ。Changing forward」をテーマにした企業ブランドムービー
川崎重工グループのコーポレートメッセージ「カワる、サキへ。Changing forward」は、変化する社会・環境に合わせてスピーディーに対応し、当社グループが果敢に挑戦していく姿勢を表したものです。「社会がカワる、その一歩サキへ。」、そして「自分たちがカワる、そのサキへ。」向かって果敢に挑戦するという意志を込めています。

今回、新たに公開する『モーターサイクル篇』は、このコーポレートメッセージに込めた想いをより多くの方に伝えていく企業ブランドムービーの最新作です。これまでにも、救急医療をテーマにした『ドクターヘリ篇』、創薬をテーマにした『ロボット篇』など、さまざまな事業・製品に焦点をあててきましたが、『モーターサイクル篇』では「Ninja H2」をクローズアップしました。

■技術を結集させたNinja H2が世界最速に挑む!
Ninja H2は、川崎重工が多様な事業領域で培った技術を結集させたスーパーチャージドエンジン搭載のモーターサイクルです。世界中のライダーが最速に挑むモータースポーツイベント「ボンネビルスピードウィーク」で、世界最速記録(※)を樹立したマシンとして知られています。

今回のムービーでは、Ninja H2がその圧倒的なパワーで世界最速記録(※)を達成した様子を、臨場感たっぷりの迫力ある映像で紹介。マシンとともに世界最速に挑んだライダーの声も交えながら、Ninja H2がもたらす価値を描きました。

※2020年6月時点(2018年ボンネビルスピードウィーク P-PB1000クラスでの記録/時速337.064km[正式記録:時速209.442マイル])

【ムービー概要】 『モーターサイクル篇』(105秒)

【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】

アメリカ・ユタ州で開催されている、スピードの祭典・ボンネビルスピードウィーク。世界中のライダーが最速記録に挑むこの一大イベントに、川崎重工の開発者とテストライダーから成る「Team38」は、スーパーチャージドエンジンを搭載したNinja H2とともに参戦しました。

「Ninja H2の圧倒的なパワーを試せる場所は、世界で唯一ボンネビルだけだった」と語る開発メンバーたち。自ら手がけたマシンの性能を証明すべく、「世界最速」の称号に向けてスタートを切ります。

ボンネビルの舞台は、広大な塩の平原です。どこまでも広がる真っ白な世界を、Ninja H2はエンジン音を轟かせながらパワフルに走り抜けていきます。

【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】

Ninja H2とともに極限のスピードに挑んだのは、川崎重工のテストライダーである山下繁。挑戦時の心境について山下は、「このマシンの性能を目一杯引き出したかったんですよ。どこまでいけるのかチャレンジしてみたかったですね」と語ります。

そして、塩湖の路面や風の影響を受ける厳しい環境にもかかわらず、Ninja H2は見事、世界最速記録(※)337.064km/hを樹立しました。山下は、この日の疾走を振り返って次のようにコメントしています。「楽しかったですね。飛び出すような加速とか、音、振動、匂い。このNinja H2で加速するたび、はじめて親父のオートバイの後ろに乗せてもらった時のような新鮮な感動があるんです」

【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】

そして、ライダーのコメントにあわせて、映像は街中を疾走するNinja H2の姿へと切り替わります。

「その速さは、心まで加速させる。」 世界に誇る圧倒的なパワーを持つスーパーマシンは、所有しているだけで日々の生活に心の豊かさやワクワク感を与えてくれる存在です。街中に溶け込みながらも、ボンネビル同様の爽快な走りを見せ、乗っている人はもちろんのこと、目にした人を自然と笑顔にさせます。速さを追い求めたモーターサイクルが叶えたかった夢。それは、見る人、乗る人、触れる人、すべての暮らしを輝きで満たすことでした。

「カワる、サキへ。」 カワサキはこれからも変わり続けます。

▼川崎重工 「カワる、サキへ。」特設ページ
(リンク »)

【概要】
■タイトル : 『モーターサイクル篇』
■放送開始日 : 2020年7月1日(水)
■動画尺数:105秒
■動画URL: (リンク »)

【Ninja H2について】
Ninja H2は、川崎重工が独自に開発したスーパーチャージドエンジンを搭載した大型自動二輪車です。高出力・強烈な加速力に加え、日常での扱いやすさと優れた燃費性能を実現し、高い評価と人気を得ています。この圧倒的なパワーを持つスーパーマシンは、川崎重工グループのガスタービンや航空宇宙など様々な事業の技術の結晶です。

【川崎重工について】
川崎重工グループは1896年の創立以降、120年以上にわたって事業分野を拡充し、ものづくりを通じて高い技術・技能を培ってきました。
これらを活用し、世界の人々の多様な要望に応える製品・サービスを提供し、お客様と社会の可能性を切り拓く力になることで、当社グループの掲げるミッション「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する“Global Kawasaki”」の実現を目指します。














本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]