編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ミッションステートメント「デジタルを、未来の鼓動へ。」をコンセプトに、コーポレートサイトを制作・公開

株式会社デジタルホールディングス

From: PR TIMES

2020-07-01 16:41

~あらゆるステークホルダーの「鼓動」を伝える情報発信基地として~

日本全国の企業のデジタルシフトをリードする、株式会社デジタルホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 グループCEO:野内 敦、以下、デジタルホールディングス)は、本日7月1日(水)付の株式会社オプトホールディングからの商号変更および、ミッションステートメント「デジタルを、未来の鼓動へ。」をコンセプトに、コーポレートサイト( (リンク ») )を制作・公開いたしました。



■コーポレートサイトのコンセプト
[画像1: (リンク ») ]

コーポレートサイトでは、新たなミッションステートメント「デジタルを、未来の鼓動へ。」をコンセプトに、デザイン、コピー、コンテンツ、モーションなどで、随所に “デジタルですべての挑戦を、可能な限り支え、具体化したい。”、“すべての人と企業のために、「挑戦のインフラ」でありたい。”という、私たちの熱く脈動する鼓動と決意を表現しています。また、サイト内のメインカラーにはコーポレートカラーである「デジタルレッド」を用いているほか、視覚効果(パララックス)の活用や、マウスオーバー時のモーションにおいて、私たちデジタルホールディングスの「鼓動(ビート)」や「情熱(パッション)」が想起されるような演出を施しています。さらに、情報発信メディアとして設置した「DIGITAL SHIFT BEATS」のコーナーには、すべての日本企業のデジタルシフトを支援しようと挑戦するグループ企業の取り組みだけでなく、社内外の垣根を越えてデジタルシフトに臨むあらゆるステークホルダー、特に最前線で挑戦し続ける「人」にフォーカスし、企業の、そして一人ひとりの「鼓動」を感じられるコンテンツとして発信いたします。また、当社が運営する最先端のデジタルシフト情報を発信するメディア「Digital Shift Times」の記事も取り上げ、デジタルシフトを通じて、日本の未来を明るく照らすことができる情報発信基地としての役割を果たしてまいります。

■コーポレートサイトのご紹介
▼TOPページURL: (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

▼キャリアサイトURL: (リンク »)
[画像3: (リンク ») ]

▼ミッションステートメント動画URL: (リンク »)
[画像4: (リンク ») ]

▼DIGITAL SHIFT BEATS URL: (リンク »)
[画像5: (リンク ») ]



■スタッフリスト
ブランディングディレクター:美濃部哲也 氏(ソウルドアウト株式会社)
クリエイティブディレクター:武藤雄一 氏(武藤事務所株式会社)
WEBディレクター:當銘大河 氏(株式会社ベクトル)
アートディレクター:福島剛史 氏(株式会社ベクトル)
テクニカルディレクター:木塚誠 氏(株式会社ベクトル)
CMS構築:片上博之 氏(フォアフロント株式会社)
WEBディレクター:堀倫太郎 氏(株式会社シグナル)
アカウント:飯島隼人 氏(株式会社アンティル)
スタッフ:川崎文恵 氏(株式会社アンティル)

■スタッフからのコメント
[画像6: (リンク ») ]


WEBディレクター:當銘大河 氏(株式会社ベクトル)
デジタルホールディングスの皆さまの熱意に動かされ、私自身も情熱を持ってこのプロジェクトに取り組むことができました。 デジタルホールディングスの鼓動を、 日本中に伝える一端を担うことができたことを心から嬉しく思います。



[画像7: (リンク ») ]


アートディレクター:福島剛史 氏(株式会社ベクトル)
サイトコンセプトについてディスカッションを重ねていく中で、伝わってくるデジタルホールディングスの皆様の想いが、いつしか自分の想いに変わり、サイトデザインに自然と落とし込んでいくことができました。このコーポレートサイトが、デジタルの本質的な価値を日本中に伝え、世の中を変えていくと信じています。



[画像8: (リンク ») ]


ブランディングディレクター:美濃部哲也 氏(ソウルドアウト株式会社)
ミッションステートメント「デジタルを、未来の鼓動へ。」をコンセプトに、with&afterコロナの価値観、サスティナビリティ、ダイバーシティ、IOT、そして、デジタルの長期的な社会的価値への貢献といったテーマを考慮して制作しました。本プロジェクトを進めるに際し、基本的に、企画、制作など一連のプロセスすべてがリモートワークで行われました。そのような中、それぞれの領域で高い専門性をもった多様な人同士がひとつのゴールイメージに向かっていく。それぞれの想いとスキルが有機的に結びつくことで化学反応(ケミストリー)が生まれ、新生デジタルホールディングスの世界観を表現することができました。


■株式会社デジタルホールディングスとは
デジタルホールディングスは、「デジタルを、未来の鼓動へ。」をミッションに掲げ、ヒト・モノ・カネ・情報というすべての経営資源の至るところで、デジタルシフトを推進する存在となり、労働人口に左右されない経済発展に貢献します。日本のすべての企業の、人の、挑戦のインフラとなり、どこまでも希望が続いていく未来を実現します。

■株式会社デジタルホールディングス概要
社名:株式会社デジタルホールディングス
資本金:82億12百万円(2019年12月末現在)
代表者名:代表取締役社長 グループCEO 野内 敦
上場区分:東証一部(証券コード 2389)
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]