編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

公園と商業施設一体型の新商業施設ブランド「RAYARD(レイヤード)」誕生

三井不動産株式会社

From: Digital PR Platform

2020-07-02 17:10


三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:菰田正信)および三井不動産商業マネジメント株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:大林 修)は、東京都渋谷区神宮前六丁目20番10号他にて渋谷区とのPPP事業※1として、渋谷区立宮下公園・商業施設・ホテルが一体となった新しい形のミクストユース型施設「MIYASHITA PARK」の開発を進めております。この度、商業施設を、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、混雑および3密緩和のため7月28日(火)より段階的に開業いたします。

また、商業施設名称を「RAYARD MIYASHITA PARK(レイヤード ミヤシタパーク)」と決定し、「RAYARD」を今後展開する公園一体型の商業施設の新ブランドといたしますので、お知らせいたします。

※1 PPP(パブリックプライベートパートナーシップ)事業:官民連携事業の総称


(リンク ») (リンク »)
        MIYASHITA PARK 外観 CG         RAYARD MIYASHITA PARK ロゴ


-本リリースのポイント-

(1)「MIYASHITA PARK」の商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」は、7月28日(火)から物販・サービス店舗、8月4日(火)から飲食・食物販店舗と、段階的に開業いたします。

(2)「RAYARD MIYASHITA PARK」では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お客様と従業員に安心してお過ごしいただける施設環境づくりに取り組むとともに、お客様のご来館・ご入場にあたって一定の入場制限を予定しております。



(3)今後展開する公園一体型の商業施設の新ブランドを「RAYARD(レイヤード)」といたしました。

「様々なヒト・モノ・コトが交わり、それらが複層的に交わることで新しい価値が生まれる場所」という想いを込め、“層・重なり”という意味の「LAYER」に、「RAY(光)+YARD(庭)」=光の当たる庭という意味を重ねております。
第1号物件「RAYARD MIYASHITA PARK」に続き、第2号物件「RAYARD Hisaya-odori Park」が9月18日(金)開業予定です。



(4)「RAYARD MIYASHITA PARK」に、Ronnie Fieg(ロニー・ファイグ)氏が手掛ける 「Kith」初のインターナショナル旗艦店となる東京ストアがオープンいたします。


1.「MIYASHITA PARK」の商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」は7月28日(火)より段階的に開業します。
「MIYASHITA PARK」内商業施設「RAYARD MIYASHITA PARK」およびホテル「sequence MIYASHITA PARK」は新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況に鑑み開業を延期しておりましたが、7月28日(火)より段階的に開業いたします。

オープン当初は、お客様と従業員の安心・安全と3密の回避を最優先に、7月28日(火)より段階的に開業することで、短期間でのお客様の来館集中を避けるよう取り組みます。

■「RAYARD MIYASHITA PARK」開業スケジュール
7月28日(火) 物販店舗およびサービス店舗 オープン
8月4日(火) 飲食店舗および食物販店舗 オープン
※一部の店舗は開業日が異なる場合があります。詳細・最新情報は公式HPをご確認ください。
  公式HP: (リンク »)
※公式HPの公開は7月13日(月)を予定しております。
※お客様のご来館、ご入場に関して一定の制限を実施いたします。

■「sequence MIYASHITA PARK」開業スケジュール
8月1日(土) 新ホテルブランド「sequence MIYASHITA PARK」開業
※ホテルの予約販売は受付を開始しております。
詳細は公式HPをご確認ください。
公式HP: (リンク »)


2.「RAYARD MIYASHITA PARK」では、お客様のご来館・ご入場にあたって一定の入場制限を実施いたします。
■7月28日(火)~当面の間、事前予約方式による入館制限を実施
館内の3密を避けるため、7月28日(火)から当面の間は、事前予約制・入場制限を実施いたします。
【予約方法】
7月21日(火)以降、ウェブサイトより予約が可能となります。各日の予約フォームからお申し込みいただけます。
※予約方法については下記ウェブサイトに掲示いたします。
(リンク »)
※予約1回につき4名までお申し込みいただけます。
※予約は先着順となります。定員数に達し次第受付終了とさせていただきます。
 
■新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組み
当社の商業施設では、ご来館されたお客様に安心してお買い物・お食事をお楽しみいただくため、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた様々な取り組みを実施しております。

また、本施設では「施設入口にてサーモグラフィによるお客様への検温実施」や「施設出入口の一方通行化実施」等、お客様と従業員の安心・安全に配慮した取り組みを実施いたします。詳細は末尾添付資料をご覧ください。


3.三井不動産が手掛ける公園一体型の新たな商業施設ブランド「RAYARD」
三井不動産は、公園一体型となった商業施設の新ブランド名称を「RAYARD(レイヤード)」と名付けました。


「RAYARD」とは、年齢や性別問わず誰もが訪れ、楽しむことができるパブリックスペースである公園と、商業施設を一体化して運営を行うことで新しい価値と体験を訪れる人に提供する、三井不動産の新たな取り組みです。様々な「ヒト・モノ・コト」が集まり、それらが複層的に交わることで、新しい価値が生まれる場所という想いを込め、“層・重なり”という意味の「LAYER」に、「RAY(光)+YARD(庭)」=光の当たる庭という意味を加え、「RAYARD」と名付けています。

■「RAYARD」 ステートメント

(リンク »)


■「RAYARD」 ロゴ

(リンク »)





(リンク »)
公園の緑と街の賑わいを感じられる開放感のある通路(北街区3階) CG


(リンク »)
「MIYASHITA PARK」南街区エントランス CG



今回開業する「RAYARD MIYASHITA PARK」は、「RAYARD」ブランド第1号施設となります。北街区3階では街の賑わいだけでなく公園の緑を感じられる開放的な歩行空間とするとともに、施設全体を覆う緑の天蓋により「MIYASHITA PARK」及び「RAYARD MIYASHITA PARK」全体を公園としてデザインしています。




さらに、2020年9月18日(金)には、「RAYARD」ブランド第2号施設として、名古屋市とのPark-PFI事業として開発を進めている愛知県名古屋市 久屋大通公園に「RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード ヒサヤオオドオリパーク)」の開業を予定しております。



4.「RAYARD MIYASHITA PARK」に、Ronnie Fieg(ロニー・ファイグ)氏が手掛ける「Kith」初のインターナショナル旗艦店となる東京ストアがオープン!
「Kith」は、クリエイティブ・ディレクターのRonnie Fieg氏が2011年にニューヨークで創業、ラグジュアリーマーケットにおける、メンズ、レディス、キッズのオリジナルブランドとセレクトという2つの側面を併せ持つ新たなショップです。

現在はニューヨーク、ブルックリン、マイアミ、ロンドン、ロサンゼルスに拠点を置き、今回「RAYARD MIYASHITA PARK」にて、初のインターナショナル旗艦店となる東京ストアがオープンします。

「Kith」東京ストアでは、メンズ、レディス、キッズのオリジナルアパレルと厳選されたフットウェアを提供します。2階建ての店内は、ブランドの世界観を表現するためKithの特徴的な要素が組み合わされたデザインとなっており、新しい中にもどこか馴染みのある感覚・体験を生み出します。店舗の正面部分の幅はニューヨークのSoHo旗艦店とほぼ同じ大きさとなる全長約30.48mを誇り、外壁はブランドの特徴であるヘリンボーン・パターンのカララ大理石のタイル貼りとなっています。店外から見える2つのウィンドウディスプレイの片側には、Kithのカラーパレットで色付けされたNike Air Force 1のカスタムアートのインスタレーションがディスプレイされます。これはKithがこれまで制作してきたNike Air Jordanのモチーフに代わり新たに創られたシルエットで、「Kith」東京ストアはこれをディスプレイする世界初の店舖となります。



(リンク »)    (リンク »)

「Kith」ブランドロゴ          「Kith」東京ストア店内




■「MIYASHITA PARK」 計画概要

街区・施設名称
MIYASHITA PARK
  公園:渋谷区立宮下公園
  商業施設:RAYARD MIYASHITA PARK
  ホテル:sequence MIYASHITA PARK

所在(住居表示)
東京都渋谷区神宮前六丁目20番10号他

交通アクセス
JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東京メトロ 半蔵門線、銀座線、副都心線、東急東横線、田園都市線、京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩約3分

竣工年月日
2020年4月30日(木)

商業施設開業年月日
2020年7月28日(火)より段階的に開業

事業主
三井不動産株式会社

運営
・渋谷区立宮下公園:宮下公園パートナーズ (構成企業:三井不動産株式会社、西武造園株式会社)
・商業施設:三井不動産商業マネジメント株式会社
・ホテル:株式会社三井不動産ホテルマネジメント

プロジェクトアーキテクト
株式会社日建設計

設計・施工
株式会社竹中工務店

構造規模
・渋谷区立宮下公園 
・商業棟: 南街区 1階~4階 11,846m2(駐車場・駐輪場含まず):S造
      北街区 地下1階~3階 12,018m2(駐車場含まず):S造 SRC造 RC造
・ホテル棟:4~18階(240室):S造
・駐車場:375台:南街区97台 北街区278台(内、243台が都市計画駐車場)

全長
約330m

敷地面積
約10,740m2

延床面積
約46,000m2


<新型コロナウイルス感染症拡大防止への取組みについて>
三井不動産の商業施設では、ご来館されたお客様に安心してお買い物・お食事をお楽しみいただくため、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた様々な取り組みを実施しております。

(リンク »)


【お客様の安心・安全のために】
・施設入口にてサーモグラフィによるお客様への検温実施
・お客様への来館前体調チェック、マスク着用のお願い
・混雑時における一部入館・入店制限の実施
・各施設入口への「アルコール消毒液」の設置
・施設出入口の一方通行化実施
・お客様用エレベーターの入場制限、エスカレーター利用時の間隔確保
・接客時、レジ待ち時等における「ソーシャルディスタンス」確保
・トレーを使用しての金銭授受、キャッシュレス決済活用による接触減
・ビニール包装での商品陳列推奨
・共用部、飲食店舗での座席の利用制限、減席、横並び席のご案内強化
・飲食店テイクアウトの強化
・ハンドドライヤーの常時利用不可
・喫煙所の利用制限
・施設内換気の強化
・館内共用部のこまめな消毒

【従業員の安心・安全のために】
・従業員入口へのサーモグラフィ設置による検温、施設従業員のマスク着用、手洗い、うがいの徹底
・フェイスシールド着用の推奨、「飛沫感染防止パーテーション」の設置
・換気の強化(営業時間中のエアコン(換気)稼働、定期的なドア開放等)
・従業員休憩室の座席隔離、間仕切り、換気、空気清浄機の設置
・バックヤードのハンドドライヤーの常時利用不可
・限定品の事前抽選実施や来店予約の推奨
・制服・衣服のこまめな洗濯推奨
・店舗で出たごみはごみ口をしっかり封じ、ごみを捨てた後は必ず石鹸で手を洗う

なお、対策内容および実施期間については、新型コロナウイルス感染状況、国や東京都の要請等により、見直す場合がございます。何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。
最新情報に関しましては、公式HP( (リンク ») )にてお知らせいたします。


<三井不動産グループのSDGsへの貢献について>
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわちESG経営を推進しております。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。
※なお、本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における4つの目標に貢献しています。
(リンク »)

目標11 住み続けられるまちづくりを
目標13 気候変動に具体的な対策を
目標15 陸の豊かさも守ろう
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう







本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]