編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

サブスクリプションでお手軽導入!導入コストの削減を支援するクラウドサービス型ネットワーク管理機能の提供を開始

アライドテレシスホールディングス株式会社

From: Digital PR Platform

2020-07-21 18:00


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、2013年(*1)からご提供を開始した当社独自開発のネットワーク・ITインフラ統合管理機能について、サブスクリプション形式のクラウドサービスで利用できる「Net.AMF プラットフォーム」の提供を6月1日から開始しました。

【市場背景】
IT技術の革新と普及拡大により、ネットワークの重要性が高まる一方、ITインフラが高度に複雑化していることで導入・運用コストは増加の一途をたどり、管理者の負荷が激増しています。

【Net.Serviceについて】
当社では、ITシステムの基盤を支えるネットワーク専門メーカーとして培ってきた豊富な経験と実績をもとに、導入支援、運用支援・ITインフラからセキュリティの監視、コンサルティングサービスまで、トータルのワンストップサービスとして「Net.Service (ネット・ドット・サービス)をご提供しています。

【新サービスメニュー「Net.AMF プラットフォーム」について】
「Net.AMFプラットフォーム」は、ネットワークの一元管理や自動復旧機能(AMF)(*2)、自律型無線LAN機能(AWC)(*3)、アプリケーション連携機能(AMF-SEC)(*4)など、当社独自のITインフラ管理機能をサブスクリプション形式のクラウドサービスでご利用いただけます。そのため、ご利用になりたい機能や、ご利用期間を柔軟に選択することを可能とし、導入コストの削減を実現するとともに、「監視などの運用はすでに自社で行っているので、ITインフラ管理機能だけを使ってみたい」といったご要望にお応えすることできます。

【「Net.AMFプラットフォーム」導入のメリット】 
①導入コストの削減
クラウド型のサービスのため専用の機器が必要ありません。また、サブスクリプション型のため、必要な機能のみを期間単位での利用が可能です。導入コストを、必要な機能利用分に抑えることができます。

②ニーズや利用シーンに応じて、サービス利用形態を選択
必要な機能を単体のサービスとしてご利用することも可能なうえ、導入支援・運用支援サービスや、セキュリティ対策支援サービスと組み合わせて、ワンストップでの利用も可能です。柔軟にサービスを選択・組み合わせて利用が可能です。

③スモールスタートにも、大規模ネットワークにも対応
ITインフラ管理機能は、管理対象となるAMFメンバー(ルーターやスイッチ)とAWCメンバー(無線AP)1台単位で利用できます。スモールスタートで利用を開始し、規模の拡大に合わせて利用範囲を柔軟に拡張することができます。

(表1:Net.AMF サービスラインナップ)
(リンク »)

「Net.AMF プラットフォーム」についての詳細は下記URLをご覧ください。
(リンク »)


*1:AMFは2013年から提供を開始、AWCは2017年から提供を開始しています。
*2:AMFは、ネットワーク全体を一元管理し、設計・導入・保守コストを大幅に削減する統合管理ソリューションです。AMFマスターは、AMFネットワーク管理下にあるスイッチなどのノードの運用管理全体をコントロールする機能です。
(リンク »)
*3:AWCは、無線エリア内の収集した電波状況をもとに、チャンネルや電波出力を自動的に調整する自律型無線LANソリューションです。アクセスポイント間の電波干渉を最小化することで、安定した通信を実現します。
(リンク »)
*4:AMF-SECは、パートナーアプリケーションと連携してアクセス制御を行うセキュリティソリューションです。感染した端末を自動的にネットワークから遮断、セキュリティインシデントの拡散を抑止します。さらに、セキュリティの強化だけではなく、夜間・休日の作業からネットワーク管理者を解放し、運用負荷の軽減や運用コストの軽減も実現できます。
(リンク »)

---------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:info@allied-telesis.co.jp
URL: (リンク »)
---------------------------------------------------------------------
<< ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
E-mail: pr_mktg@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL: (リンク »)
アライドテレシス株式会社 東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]