編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

HSRおよびPRP v3冗長イーサネットプロトコル(IEC 62439)に準拠したPCIeネットワークカード「SMART Zynq PCIe HSR/PRP /PTP」の販売開始

HSRおよびPRP v3冗長イーサネットプロトコル(IEC 62439条項5および4)に準拠したPCIeネットワークカード「SMART Zynq PCIe HSR/PRP /PTP」の販売開始

ポジティブワン株式会社

2020-08-06 16:00

HSRおよびPRP v3冗長イーサネットプロトコル(IEC 62439条項5および4)に準拠したPCIeネットワークカード「SMART Zynq PCIe HSR/PRP /PTP」の販売開始
2020年8月6日、ポジティブワン株式会社(本社・東京都渋谷区、スペイン本社・SoC-e社日本正規代理店)は、HSRおよびPRP v3冗長イーサネットプロトコル(IEC 62439条項5および4)に準拠したPCIeネットワークカード「SMART Zynq PCIe HSR/PRP /PTP」の販売を開始いたします。

これらのプロトコルにより、重要なインフラストラクチャ上のネットワーキングの高可用性が保証され、遅延時間がゼロで、ネットワーク障害が発生した場合でもフレームが失われません。このボードは、産業用PCを冗長ネットワークに接続し、さらに、3番目のポートを通じて外部の通常イーサネット機器のRedBoxモード動作をサポートします。

このボードは、Dual-AttachedNode(DAN)と組み込みのRedBox操作を組み合わせた、すぐに使える構成で出荷できます。したがって、SCADAまたはPCシステムは、PRPまたはHSRネットワークのDANです。追加のSFPポートは、イーサネットトラフィックをサーバーに直接導入することなく、ハードウェアによって高可用性ネットワークに直接切り替えることができます。

IEEE 1588v2電力ユーティリティプロファイル透過クロック動作は、ボードのすべてのスイッチングポートでデフォルトサポートされています。通常クロックまたは境界クロックの動作モードをボードに組み込んで、サーバーまたはSCADAシステムから自律的に実行できます。

◆機能的特徴:

・ Dual-Attached_Node(DAN): 2xトライスピード冗長ポート(SFPケージポートAおよびポートB)は、IEEE1588v2対応のHSR / PRPネットワークに使用
・ 冗長ボックス(RedBox): 1xトライスピード冗長ポート(SFPケージポートC)は、IEEE1588対応のトライスピードイーサネットリンクに使用
・ 1xギガビットイーサネット(PCIeポートD)はPC / SCADAシステムと通信します
・ ポートA、B、C、Dはハードウェアによって切り替えられます
・ 自律IEEE 1588v2通常クロックおよび境界クロック操作

◆一般的な主な機能:
・ 10/100/1000Base-T用の3x SFPケージ; 100Base-FX
・ PPS、IRIG-Bなどの2x SMA出力
・ PCIex1
・ ソフトウェアドライバー:Windowsプラットフォーム、Linux、VxWorks
・ ユーザーフレンドリーな設定ツール
・ グラフィックユーザーインターフェース

◆ハードウェアの主な機能:

スケーラブルなインダストリアルグレードのザイリンクス社SoC:Zynq7000ファミリは、ソフトウェア、ハードウェア、およびI / Oのプログラミング機能をシングルチップで提供するプロセッサー中心のプラットフォームです。マルチコアプロセッサと業界をリードするプログラマブルロジックにより、より少ない数の高速なデバイスでより優れた処理システムを実現できます。

サポートされるデバイス:XC7Z010およびXC7Z020
・ 8Gb DDR3:オペレーティングシステム、ソフトウェアアプリケーション、プロトコルスタック、または大きなバッファーを格納する高速DDRメモリ
・ 256 Mb Quad SPIフラッシュメモリ

独自のMACを統合したEEPROM:各モジュールで独自のMACを使用して、お客様の製品の市場投入時間を短縮できます。u SDコネクタ:高密度で低コストの大容量ストレージで、複雑なオペレーティングシステム、永続的なデータストレージ、迅速なアップグレードに対応します。

温度センサー:各モジュールには、PCBに取り付けられたI2C温度センサーが付属しています。
4x Ledインジケータ:1つの電源投入LED、1つのFPGA完了LED、2つの汎用LED。また、PHYごとに2x LED

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、2004年の設立以来、世界の半導体メーカーと最先端技術を利用した製品開発に携わっています。世界の半導体メーカーの動向に合わせて、3つの事業を展開しています。海外の半導体関連製品(基板、開発~検証認証ツール、ミドルウエア)の輸入販売サポート、ODM・OEM向け製造サービス(仕様設計、回路設計、基板設計、ソフトウエア開発、筐体設計、信頼性試験)、EMV・CANopen・車載ネット―ワーク等の標準安全試験認証を行う第三者検査機関サービスを行っています。ハードウエアは高速デジタル回路設計、 3Dセンサー、ニューラルネットワークと深層学習の開発、ネットワーク・ソフトウェア・ハードウェアがクロスボーダーするような領域での開発を強みとしています。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]