編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

株式会社スタイルズ、IoTデバイスのセキュアなリモート接続を可能にするサービス「remote.it」の販売代理店契約を締結

株式会社スタイルズ

From: DreamNews

2020-08-07 09:00



2020 年 8 月6 日 - 株式会社スタイルズ (本社:東京都千代田区、代表取締役:梶原 稔尚、以下 スタイルズ)は、remot3.it, Inc. (本社:カルフォルニア州 Palo Alto、CEO: Ryo Koyama)の提供するリモートアクセスサービスであるremote.itのリセラーパートナー契約を締結いたしました。
本契約により、スタイルズでは自社のサービスやソリューションなどと併せてremote.itの販売やお客様に安心してご利用いただくための技術支援サポートを提供いたします。

今後、スタイルズではリモート監視やIoTデバイスとremote.itを組み合わせることにより、Internetを利用してクローズド環境のVPN(Virtual Private Network)接続をネットワークの設計や専用の設備無しに安全に利用できるサービスを提供することができます。また、remote.itとNextcloud(オンプレミス環境で利用できるオンラインストレージ)を組み合わせて、リモートワークなどで期待されるInternetから社内設備へのよりセキュアなアクセスを提供することができます。

◆背景と狙い
従来の方法では、リモートの環境に接続するために「専用線などの固定の別回線を使用する」ことや「Internetを使用して、ソフトウェアまたはハードウェアのVPNやファイアウォールなどでのアクセス制御を行う」ことが一般的でした。これらの利用にあたっては、導入する設備やネットワークの変更などに高い知識と費用が必要になるものです。また、Internetを使用する場合にはその仕組み上、接続先に接続のための受け口を作る(穴を開ける)必要があり、適切な管理が伴われない場合にはそれ自体がセキリュティのリスクとなるものでした。

remote.itはソフトウェアで動作するVPNの1種ですが、リモート接続先のデバイス(Raspberry Pi/Linux/Windows/Mac/Android/iOS)にインストールする小さなプログラムと、Internet上にあるremot3.it社のポータルサイトだけで動作します。remote.itを使用するために専用のネットワークを用意することや、そのネットワークの設定を変更することまた、接続のために受け口を作る(穴を開ける)必要もなく今すぐに始めることができます。

スタイルズの提供する各種サービスをremote.itと組み合わせることによって、リモートワークなどのためにオンプレミスで稼働するNextcloudなどのサービスへのリモートアクセスへ使用することも、拠点や設備の監視のためのリモートアクセスや、IoTデバイスのセンサーやネットワークカメラなどとのリモートアクセスに使用することもできます。

remote.itの特徴である「ソフトウェアのみで実現する」「ネットワーク環境に依存しない」ことを活かすことにより、全国に散らばった1000のリモート接続先デバイスがある場合にでも、Internetに接続できる環境があれば低コストですぐに利用を開始することができます。

また、Androidデバイスをremote.itの接続先として使用できるため、Internetの固定回線が無い環境でも、Android搭載のスマートフォンやルーターなどと4G/5G回線を組み合わせてリモート接続先の環境を構築することができます。これにより、固定回線が用意できないような環境や一時的な利用または、サポートなどのためにスマートフォンの電源を入れた時のみにリモート接続を提供するなどといった、従来とは異なるリモート接続を提供することができます。

◆remote.itについて
remot3.it, Inc. の remote.it では、Internetを使用してソフトウェアのみでセキュアなリモート接続環境を提供しています。また、あらゆるプラットフォーム上で稼働し、ネットワーク環境に依存せずに(*1)使用することができ、導入にかかるコストや期間を削減することができます。remote.itは、接続先のデバイスにインストールしたプログラムと、ポータルサイト上の設定により、利用するユーザに対して接続先のデバイスまた、接続先のデバイス上で許可するサービス毎にリモート接続を提供します。
(*1) すべてのネットワーク環境での接続を保証するものではありません

●remot3.it, Inc. Webサイト:
(リンク »)
Twitter: @remote_it_jp ( (リンク ») )
YouTube: (リンク »)

●スタイルズWebサイト、:
(リンク »)
remote.it紹介ページ: (リンク »)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]