編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

「設計」で意識しておきたいこと

鈴与シンワート株式会社

2020-08-12 15:00

古庄親方のコラムが公開されました。興味がある方はご覧ください。
--
前回はmockupのお話で、主に「要求仕様を(ある程度)握る」ようなお話をしていきました。
今回はその次に出てくる「設計」について、少しお話をしていきたいと思います。

システム設計は色々な切り口があるかと思いますので。
今回は、筆者が設計で気をつけている事をいくつか上げてみたいと思います。
一端「発注者と受注者」という切り口から書いていきますが、社内システムであっても「そのシステムが欲しい人(≒発注者)」と「そのシステムを作る人(≒受注者)」がいると思うので、その辺は自分の環境によって適宜置き換えていただければ、と思います。

個人的にまず重要視するのは「ヒアリング」です。
発注者の「こんな実装が欲しい」は、必ずしも十全に的を射る発言であるとは限らなくて、実は「もっとよい実装方法がある」事も、少なからずあります。

そういった時に。
「なぜ欲しいのか?」「それによって何を得たいのか?」といった、本質的な所をしっかりとヒアリングできるかどうか、は、とても重要になります。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]