編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

次世代車載ネットワーク(ADAS等)マルチイーサネット/マルチCAN-FD /マルチLINポートが使える「マルチ FMC ボード」の販売開始

次世代車載ネットワーク(ADAS等)マルチイーサネット/マルチCAN-FD /マルチLINポートが使える「マルチ FMC ボード」の販売開始

ポジティブワン株式会社

2020-08-20 16:00

次世代車載ネットワーク(ADAS等)マルチイーサネット/マルチCAN-FD /マルチLINポートが使える「マルチ FMC ボード」の販売開始
2020年8月20日、ポジティブワン株式会社(本社・東京都渋谷区、スペイン本社・SoC-e社日本正規代理店)は、次世代車載ネットワーク(ADAS等)で使えマルチイーサネット/マルチCAN-FD /マルチLINポートが使える「マルチ FMC ボード」の販売を開始いたします。

マルチ FMC ボードは、1又は2 FMC(HPC)ポートを備えてFPGAベースのプラットフォームと互換性のあるプラグ可能なボードです。イーサネット、CAN-FD、LINハードウェア接続をFPGAベースのプラットフォームに提供します。これは、FPGAベースのプラットフォームを使用し、開発とテストの段階で既製のソリューションを必要とする自動車会社に最適です。大量のイーサネットポートが必要な場合でも、これは最適なプラットフォームです。さまざまな周辺機器のセットを備えた多くの開発ボードが市場にありますが、1つのボードで非常に多くのイーサネット/ CAN-FD / LINポートをサポートするものはありません。使用例として、12ポートのマネージドイーサネットスイッチ+ 8つのCAN-FDポートとして利用可能です。

サポートされているプラットフォームの例は次のとおりです。

・ ザイリンクス製Zynq UltraScale + MPSoC ZCU102評価キット
・ ザイリンクスZynq UltraScale + MPSoC ZCU106評価キット

◆ネットワーク機能
・ RJ45コネクタを介した18xギガビット(10/100 / 1000Mbps)イーサネットポート(16xはSGMIIインターフェイスを使用、2xはRGMIIインターフェイスを使用)
・ DB9コネクタを介した8x CAN-FDポート
・ DB9コネクタを介した8x LINポート

◆主な特徴
ボードは2x小さいFMCボードに分割でき、それぞれ1x FMC(HPC)ポートを使用し、9xイーサネット、4x CAN-FDおよび4x LINポートを備えています。
工業用温度グレードのコンポーネント

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
東京本社 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
関西本社 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、2004年の設立以来、世界の半導体メーカーと最先端技術を利用した製品開発に携わっています。世界の半導体メーカーの動向に合わせて、3つの事業を展開しています。海外の半導体関連製品(基板、開発~検証認証ツール、ミドルウエア)の輸入販売サポート、ODM・OEM向け製造サービス(仕様設計、回路設計、基板設計、ソフトウエア開発、筐体設計、信頼性試験)、EMV・CANopen・車載ネット―ワーク等の標準安全試験認証を行う第三者検査機関サービスを行っています。ハードウエアは高速デジタル回路設計、 3Dセンサー、ニューラルネットワークと深層学習の開発、ネットワーク・ソフトウェア・ハードウェアがクロスボーダーするような領域での開発を強みとしています。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]