編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

『マイナビ 2021年卒学生就職モニター特別調査』 就活生に聞いた、今年流行った「就活用語」&人事担当だったら入社したいと思う有名人ランキングを発表

株式会社マイナビ

From: Digital PR Platform

2020-08-27 11:00


~ 今年流行った「就活用語」1位は「NNT」入社したい人事担当、男性1位は櫻井翔(嵐)さん、女性1位は天海祐希さん ~
(リンク »)


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2021年卒の学生を対象にした『マイナビ 2021年卒学生就職モニター特別調査』を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以下の通りです。


【調査結果の概要】
◆2021年卒就活生に聞いた「周りで流行った就活用語」1位は「NNT」(無い内定の略、「まだ内定をもらえていない」ことを「内々定」にかけた言葉)で、前年4位から上昇し1位となった。
2位は前年と同じ「ガクチカ」、3位は前年1位の「お祈り」だった。5位には新型コロナウイルス感染症流行下の就活を象徴する「WEB面」(WEB面接の略)が入り、ランク外でも「テレ就活」(テレワーク+就職活動)といった言葉が挙がった。【図1】

◆この人が人事担当者だったら、その会社に入社したいと思う有名人やキャラクターを聞くと、男性有名人は嵐の「櫻井翔」さんが前年に引き続き2連覇となった。理由としては「的確なアドバイスをくれそう」「部下になりたい」といった声が挙がった。女性有名人は「天海祐希」さんが初の1位。「入社後の目標にできそう」などの理由が挙がった。キャラクター部門は「ドラえもん」の2連覇で、2位に話題のドラマ「半沢直樹」の主人公がランクインした。選んだ理由では、「ドラえもん」は「適切なタイミングでアドバイスをくれる」、「半沢直樹」は「公正に面接の合否や入社後の評価を決めてくれそう」といった評価が見られた。【図2】


◆就職活動に影響したニュースワードを尋ねたところ、1位は「新型コロナウイルス感染症(43.2%)」で、2位以下に大きな差をつけた。2位が「緊急事態宣言(28.0%)」、3位が「テレワーク、リモートワーク、在宅勤務(26.1%)」、4位が「withコロナ (23.3%)」と、新型コロナウイルス感染症の影響を強く感じさせるワードが並んだ。また、「SDGs」や「サステナビリティ」を意識した事業を行っているかを、企業選択基準に挙げる声も多く聞かれた。【図3】




【図1】あなたの周りで流行った就活用語は?
(リンク »)


ランク外で目新しかった用語・特徴的な用語
(リンク »)


【図2】この人が人事担当だったら、その会社に入社したいBEST5
(リンク »)

【男性】
(リンク »)


【女性】
(リンク »)


【キャラクター】
(リンク »)


【図3】就職活動に影響したニュースワード(上位抜粋)
(リンク »)


選んだニュースワードはどのように影響したのか
(リンク »)



※調査結果の詳細は会社HPのニュースリリース( (リンク ») )からご確認いただけます


【調査概要】『マイナビ 2021年卒 学生就職モニター特別調査』
調査期間:2020年7月27日(月)~2020年7月31日(金)
調査方法:2021年卒業予定の全国大学4年生及び院2年生のモニター会員に配信。※調査時点
Web上のアンケートフォームで回収
有効回答数:1,954名(内訳:文系男子349名、理系男子521名、文系女子537名、理系女子547名)


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 HRリサーチ部
Tel:03-6267-4571 Fax:03-6267-4145
Email:myrm@mynavi.jp

【当社に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 広報部
Tel:03-6267-4155 Fax:03-6267-4050
Email:koho@mynavi.jp
​​​

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マイナビの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]