編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

マイナビ、「企業の雇用施策に関するレポート(2021年版)」を発表

株式会社マイナビ

From: Digital PR Platform

2021-03-30 13:07


副業・兼業人材を社外から受け入れている企業は約3割
従業員シェアリング(雇用シェア)を活用したいと思う企業は7割を超える結果に



(リンク »)


株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、企業の中途採用担当者1,333名を対象に実施した「企業の雇用施策に関するレポート(2021年版)」の結果を発表しました。


《TOPICS》
◆社外から副業・兼業人材の受け入れを行っている企業は約3割【図1】

◆社外から副業・兼業人材の受け入れが多い職種は「営業」で3割を超える【図2】

◆社外からの副業・兼業人材を受け入れた際の雇用形態としては「正社員」が約6割で最も多く、
 「業務委託・請負契約」は約3割【図3】

◆4月施行の「70歳就業法」について、何らかの対応を行う企業は半数に満たず【図4】

◆従業員シェアリングを活用したいと思う企業は7割を超える【図5】


調査概要
副業・兼業人材を社外から受け入れている企業は31.8%だった。自社に所属する社員の副業・兼業を認めている割合(47.8%)に比べると、社外からの受け入れはまだ進んでいない。業種別では、「社員の副業・兼業を認可している(自社内の認可あり)」の割合が高かったのはフードサービスで77.8%、「社外からの受け入れ」は医療・福祉・介護が39.1%で最も高かった。【図1】

社外からの副業・兼業社員の受け入れが多い職種は、「営業」(32.1%)、「管理・事務」(31.6%)、「ITエンジニア」(27.1%)がトップ3だった。【図2】

社外から副業・兼業人材を受け入れる際の雇用形態は、「正社員」が61.6%で最も多く、次いで「パートまたはアルバイト(59.2%)」、「契約社員(34.9%)」となった。「業務委託・請負契約」は30.7%だった。業種別にみると、正社員雇用の割合が高いのは「IT・通信・インターネット(86.7%)」、「メーカー(71.7%)」。パートまたはアルバイトの割合が高いのは「医療・福祉・介護(84.6%)」、「流通・小売(80.6%)」だった。【図3】

2021年4月に施行される高年齢者雇用安定法(70歳就業法)の改正において、何らかの対応をする(「検討中」を除く)と回答した企業は47.1%※1で半数に満たなかった。上場企業は60.5%が対応予定だが、未上場企業は41.6%だった。【図4】
※1:「定年を延長する(16.9%)」+「定年を撤廃する(8.9%)」+「再雇用制度を手厚くする(21.3%)」の合計

昨今注目されている「従業員シェアリング※2(雇用シェア・ワークシェア)」を活用したいとした企業は70.4%※3だった。その内、社内への受け入れを活用したい企業は62.0%、社外への出向を活用したい企業は48.6%だった。活用したい理由を自由回答で聞いたところ、「能力の高い人材であれば、多様な形で受け入れたいから」、「雇用の流動化を図りたい」、「これからの時代にあっている」などの声があった。【図5】
※2:別企業から一時的に人材を受け入れる、または別企業に一時的に社員を出向させる仕組み。
※3:「社員の受入れ及び出向どちらも活用したい(40.2%)」+「社員の受入れは活用したいが、出向は活用したいと思わない(21.8%)」+「社員の出向は活用したいが、受入れは活用したいと思わない(8.4%)」の合計



【図1】「副業・兼業」の認可・受け入れ状況


(リンク »)



【図2】実際に社外から受け入れている副業・兼業人材の職種(n=424)
(複数回答)


(リンク »)



【図3】社外から副業・兼業で受け入れている人材の雇用形態(複数回答)
※社外から副業・兼業人材を受け入れている企業限定


(リンク »)



【図4】2021年4月施行の「70歳就業法」への対応方法


(リンク »)



【図5】従業員シェアリングの活用意向


(リンク »)




【調査概要】「企業の雇用施策に関するレポート(2021年版)」
○調査期間/スクリーニング調査・本調査:2021年1月14日(木)~1月20日(水)
○調査方法/インターネット調査
○調査対象/従業員数3名以上の企業において、直近(2020年1~12月)に中途採用業務を担当
      しており、「採用費用の管理・運用」に携わっている人事担当者
○有効回答数/1,333件
※調査結果は、端数四捨五入の関係で合計が100%にならない場合があります。
※n=30以下は参考値としております。


※調査結果の詳細は会社HPのニュースリリース( (リンク ») )からご確認いただけます


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 HRリサーチ部
Tel:03-6267-4571 Fax:03-6267-4145
Email:myrm@mynavi.jp

【当社に関するお問い合わせ先】
株式会社マイナビ
社長室 広報部 
Tel:03-6267-4155 Fax:03-6267-4050
Email:koho@mynavi.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社マイナビの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]