編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

コベルコ建機と北海道総合通信網 建設機械の長距離遠隔操作に関する実証実験を実施

北海道総合通信網株式会社

2020-09-23 14:00

コベルコ建機株式会社と北海道総合通信網株式会社は、このたび、コベルコ建機の目指す「働く人を中心とした、建設現場のテレワークシステム」K-DIVE CONCEPT推進のために、建設機械の遠隔操作に関する開発協定を締結し、それに基づいた実証実験を実施いたしましたのでご報告いたします。
コベルコ建機株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:尾上 善則、以下「コベルコ建機」)と北海道総合通信網株式会社(本社:北海道札幌市、取締役社長:古郡 宏章、以下「HOTnet」)は、このたび、コベルコ建機の目指す「働く人を中心とした、建設現場のテレワークシステム」K-DIVE CONCEPT(※1)推進のために、建設機械の遠隔操作に関する開発協定を締結し、それに基づいた実証実験を実施いたしました。

コベルコ建機は、「誰でも働ける現場へ KOBELCO IoT」をテーマにICTロードマップを策定し、その実現に向けて中長期的に研究・開発を進めています。そのひとつの柱であるK-DIVE CONCEPTは、クラウドマッチングシステムと建設機械の遠隔操作を融合させることで、特定の人・場所・時間などの制約を受けずに、建設現場での施工が可能となる「建設現場のテレワーク化」を目指しています。この実現により、深刻化する建設技能者の不足に対する多様な人材活用、現場生産性の向上、現場無人化による本質的な安全確保などが可能になると考えています。
 
今回の実証実験の実施は、K-DIVE CONCEPTの実用化に向けた大きなカギとなる長距離通信ネットワークやデータセンターを介した環境下での建設機械の遠隔操作を試行するもので、HOTnetが所有する北海道札幌市から北海道帯広市に至る光ファイバーネットワークを経由して総距離300㎞におよぶ建設機械の遠隔操作をおこなうと同時に、耐災害性に優れ、強固なセキュリティ性を備えたHOTnet所有のS.T.E.P 札幌データセンター(※2)に稼働データを蓄積し、Microsoft Azure(※3)との接続をおこなったものです。
HOTnetは、通信事業者としてのノウハウや強みを活かし、K-DIVE CONCEPTに必要不可欠なネットワークサービスやクラウドサービスの連携実現に協力いたしました。

実証実験では、実際に機械に搭乗して操作した場合とほぼ同等の品質(通信遅延、作業効率等)で遠距離における遠隔操作が可能であることなどが確認され、実用化に向け大きく進展しました。

コベルコ建機とHOTnetは今後も、さらなる超長距離での遠隔操作の実証実験や多地点接続、第5世代移動通信システム(ローカル5G)との接続活用など、実用化に向けて継続した実証実験を検討、相互に協力してまいります。


※本ニュースリリースに記載されている内容は、発表日現在の情報です。製品情報、サービス内容、お問い合わせ先など、予告なく変更する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名および製品名などは、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

実証実験のイメージ図

用語解説

※1 K-DIVE CONCEPT
コベルコ建機が研究・開発を進める、次世代遠隔操縦技術を用いた「働く人を中心とした、建設現場のテレワークシステム」のことで、建設現場で働く人の働き方を大きく変え、豊かな生活、社会を実現することを目的としています。

※2 S.T.E.P札幌データセンター( (リンク ») )
自然災害の被害を受ける可能性が低い札幌市に立地しており、首都圏災害発生時の同時被災リスクを低減することが可能です。また、交通の便がよく、アクセスし易い都市型データセンターのメリットを併せ持っています。免震構造を備えた建物や、複数の通信キャリア・経路による冗長化した通信回線、異なる変電所からの2系統受電、72時間無給油連続運転可能な自家発電機などを完備し、万が一の災害時に備えています。

※3 コベルコ建機株式会社と日本マイクロソフト株式会社の協業について( (リンク ») )
コベルコ建機は、K-DIVE CONCEPT推進のために2019年より日本マイクロソフト株式会社との協業をスタートしており、K-DIVE CONCEPTにマイクロソフト社のパブリッククラウドプラットフォームMicrosoft Azureを採用し、オペレーションの円滑化、可視化、ならびに効率的なコミュニケーションの実現を図っております。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]