編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ASIL-Dまでのセーフティクリティカルなリアルタイム処理用に設計されたNXP社製S32S247およびi.MXRTMCUのデバッグ・システム分析PLS(UDE)の販売開始

ASIL-Dまでのセーフティクリティカルなリアルタイム処理用に設計されたNXP社製S32S247およびi.MXRTMCUのデバッグ・システム分析PLS(UDE)の販売開始

ポジティブワン株式会社

2020-10-09 16:00

ASIL-Dまでのセーフティクリティカルなリアルタイム処理用に設計されたNXP社製S32S247およびi.MXRTMCUのデバッグ・システム分析PLS(UDE)の販売開始
2020年10月9日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、ASIL-Dまでのセーフティクリティカルなリアルタイム処理用に設計されたNXP社製S32S247およびi.MXRTMCUのデバッグ・システム分析PLS(UDE)の販売を開始いたいます。

UniversalDebugEngine(UDE)の最新バージョンは、NXPのArmベースのS32S247およびi.MXRTハイエンドMCUの包括的なデバッグおよびシステム分析機能を提供します。
NXP S32Automotive Platformの別のデバイスであるS32S247マルチコアコントローラは、最大800 MHzでクロックされる4つのCortex-R52プロセッサを組み合わせ、それぞれにロックステップコアがあり、16MBの統合フラッシュメモリを備えています。ASIL-Dまでのセーフティクリティカルなリアルタイム処理用に設計されたこのデバイスは、主にハイブリッドドライブと電気ドライブを搭載した車両で、さまざまな制御ドメインに対応します。前世代と比較して最大7倍高い計算能力は、自動運転の分野でMCUにさまざまな潜在的なアプリケーションを提供します。ArmCortex-M7を搭載したi.MXRT Crossoverプロセッサは、バージョンに応じて最大1ギガヘルツでクロックを供給できます。高性能でリアルタイムの機能を備え、モノのインターネット(IoT)、家庭用電化製品などの分野の幅広いアプリケーションに対応します。

どちらの場合も、開発者は、デバッグとシステム分析に適したUDE独自のユーザーインターフェイスのシンプルで直感的な操作の恩恵を受けます。UDEへの参入も、別のマイクロコントローラーアーキテクチャから新しいNXPデバイスへの切り替えも、多大な習熟努力を必要としません。同時に、UDEは、個人の好みや要件に適応するための非常に大きな自由をユーザーに提供します。インタラクティブなデバッグオプションに加えて、UDEユーザーインターフェイスのアプリケーション状態の多様な視覚化オプションと、自動化されたデバッグとテストの前提条件も作成する包括的なスクリプトサポートが特に役立ちます。もう1つのユニークな機能は、特定スクリプト言語とUDEが独立的です。

さらに、特にS32S247マルチコアコントローラの場合、同期停止および開始のマルチコア実行制御や、共有コードで使用できるマルチコアブレークポイントなどのマルチコアデバッグ機能を使用できます。S32S247のすべてまたは複数のコアに分散されたアプリケーションのデバッグとランタイム分析は、単一のデバッグセッションと単一の共有デバッガインスタンス内で効率的かつユーザーフレンドリーな方法で実行されます。さらに、UDEのMemToolアドオンは、統合フラッシュメモリのシンプルで安全なプログラミングを可能にする機能を提供します。

PLSのユニバーサルアクセスデバイス(UAD)ファミリの3つのデバイスUAD2pro、UAD2next、およびUAD3 +は、S32S247およびi.MX RTMCUへの高速で信頼性の高いアクセスを保証します。要件に応じて、アーム固有のシリアルワイヤデバッグ(SWD)インターフェイス、JTAG、またはcJTAGが使用されます。マイクロコントローラのArmCoreSightトレース実装とS32S247の高速シリアルトレースポート(HSSTP)またはi.MXRTファミリのパラレルトレースインターフェイスを介してトレースデータを記録することもできます。UAD2nextはこれに512MBを提供し、UAD3 +では最大4GBの内部トレースメモリを使用できます。記録されたトレースデータの助けを借りて、UDEはランタイム動作の非常に詳細な分析を可能にし、とりわけプロファイリングとコードカバレッジのための特別な機能を提供します。

【PLSプログラマブルロジックアンドシステムとは】
PLSプログラマブルロジックアンドシステムGmbH(PLS Programmierbare Logik & Systeme GmbH)は、ドイツ・ラウタに本社を持つ組み込み向け開発ツールのサプライヤーです。NXPセミコンダクターズ、インフィニオンテクノロジーズ、STマイクロエレクトロニクス、ルネサスなどのレガシーな半導体から最先端の半導体のためのソフトウェアデバッグソリューションおよび完全な開発ツールを提供します。ポジティブワン株式会社は、日本総販売元として、日本およびアジア市場への販売、サポートを行っております。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL (リンク »)

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]