編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

SL ジャパン、SL-GMS C++/Developer 新バージョン 7.2a をリリース

監視制御システム (DCS/SCADA) のダイナミック GUI と専用カスタムエディタの開発で、1980年代より進化し続けてきたロングセラー

株式会社SLジャパン

2020-10-27 10:00

リアルタイムデータのグラフィックな可視化と監視で業界をリードする株式会社 SL ジャパン ( (リンク »)  所在地:東京都港区、代表取締役社長:羽島良重、米国 SL 社の日本法人) は、監視制御システム (DCS/SCADA) 向けダイナミック GUI/HMI ならびに固有のカスタムエディタ開発ツールとして長年の実績を誇る SL-GMS C++/Developer の新バージョン 7.2a をリリースしました。

現在 Windows 版と Linux 版を提供している SL-GMS C++/Developer は 、1980年代からのロングセラー製品で、プロセス制御、ネットワーク管理、交通管制、宇宙・防衛などの分野における世界で何千ものミッションクリティカルな監視制御システムで稼働してきました。

そして、SL-GMS C++/Developer で開発されたグラフィック操作画面は、先月 (2020年9月) にリリースされた SL-GMS Web/Developer (HTML5) 新製品によって比類なくコンパクトで高速な HTML5 コードに変換でき、Web ブラウザでクラウド運用できるようになりました。

高度な監視制御システムの高い対話性と性能を実現するさまざまな動的属性を持ったグラフィック操作画面は、C++ 版,Java 版,Microsoft .NET 版,HTML5 版それぞれの SL-GMS 製品で共通の SL-GMSDraw エディタを使い、アプリケーションから独立して対話的に作成できます。そして、しきい値による警報色、タンク内の水位変動、機器の入/切などの動的振舞いを、すぐにプレビューして確認できます。開発されたグラフィック操作画面が異なるフレームワーク間で再利用できる SL-GMS は、ライフサイクルが10年前後におよぶ監視制御システムの更改を長年にわたって支援してきました。

今回リリースした SL-GMS C++/Developer 新バージョン 7.2a では、マルチカラー棒グラフの拡張、インタラクティブにデータしきい値を設定するグラフとデータ値をテキスト表示するグラフの追加の他、日本語文字列リソースの更新やバグフィックスが含まれます。


■SL-GMS 製品について:
(リンク »)

■SL 社(Sherrill-Lubinski Corporation)について: 
(リンク »)
1983年以来、40年近くにわたって、リアルタイムデータのダイナミックでグラフィックな可視化と監視で業界をリードしてきた、専門メーカーです。顧客企業は SL 社の技術を活用し、リアルタイムなサービス/ビジネスアクティビティ監視 (BAM)、オペレーション性能監視、インフラストラクチャ/ミドルウェア監視、プロセス制御や設備監視などの業界特有の監視・制御アプリケーションを、エンドユーザに提供しています。製造業、エネルギー/公益、金融サービス、通信、宇宙/防衛、輸送などの各産業における世界のミッションクリティカルなアプリケーションで、世界168,000、国内16,500 以上がライセンスされています。株式会社 SL ジャパンは 1998年に設立された SL 社の日本法人です。


※記載される会社名・製品名は、それぞれ各社が所有する商標または登録商標です。

■ お問い合わせ先 ■

株式会社 SL ジャパン 広報担当 sl-publicity@sl-j.co.jp
電話 03-3423-6051
〒107-0062 東京都港区南青山 3-8-5 アーバンプレム南青山3階
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社SLジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]