編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SL ジャパン、「SL-GMS Developer」および「SL-GMS Custom」のWindows Vista対応版を発表

CNET Japan Staff

2007-01-24 10:47

 SL ジャパンは1月24日、Microsoft Windows Vistaに対応したリアルタイムデータ監視および表示グラフィックスソフトウェア「SL-GMS Developer for .NET」および「SL-GMS Custom Editor for .NET」の最新バージョン「3.0c」を世界同時リリースしたことを発表した。

 SL-GMS Developer for .NETは、「SL-GMSDraw ダイナミック・グラフィック・エディタ」により、ビジュアルでリッチな画面を対話的に作成し、その動的振る舞いをプレビューにより確認できる。SL-GMSDrawで作成した画面は、SL-GMSのカスタム.NETコントロールによりローディングされ、ライブデータ駆動または対話操作によってダイナミックに動作する。アプリケーションは、Microsoft Visual Studioで構築できる。

 一方、SL-GMS Custom Editor for .NETは、監視制御システムやソリューションを開発している企業がアプリケーション固有の機能やデータソースに接続する独自のカスタムエディタを開発できるもの。さまざまなターンキーソリューションや顧客プロセスごとの画面を作成する社内のエンドユーザー、プロセスの変更や拡張に伴い画面を変更する社外のエンドユーザーは、画面をプログラミングすることなくカスタマイズできる。

 SLでは、Windows Vistaの正式版がリリースされしだいサポートできるよう、昨年から Windows Vistaのベータ版により、製品の先行開発を行ってきた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]