編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

Dr.Web 11.1 for UNIXのコンポーネントをアップデート

株式会社Doctor Web Pacific

2020-11-06 09:00

Doctor Webは、 Dr.Web Anti-virus 11.1 for Linux、 Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX Mail Server、 Dr.Web Anti-virus 11.1 for UNIX Server および Dr.Web Anti-virus 11.1 for Internet Gateways UNIX に含まれる drweb-esagent (11.1.9-2010131542)、 drweb-configd (11.1.9-2010051243) および drweb-openssl (11.1.3-2010141804) をアップデートしました。さらに、 Dr.Web Anti-virus 11.1 for Linux では drweb-session (11.1.4-2010141644) がアップデートされました。今回のアップデートでは新しい機能が加えられたほか、エラーが修正されました。
###

drweb-esagentへの変更

OpenSSL 1.1.1のサポートが追加されました。
drweb-configdへの変更

FreeBSD 12上のjailでの動作時に、drweb-configdのオートランを妨げるエラーが修正されました。
drweb-opensslへの変更

OpenSSLがバージョン1.1.1hへアップデートされたほか、GOSTがサポートされました。
drweb-sessionへの変更

Astra Linux1.5上においてESモードで動作する際に、強制アクセス制御の権限昇格を求めるレベルにて検出された脅威の情報が表示されない問題が解決されました。
アップデートはDr.Webリポジトリ経由で実施されます。アップデート時に問題が発生した場合、2019年7月4日付のニュースに記載された内容に従い、もう一つのリポジトリに接続するよう変更してください。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]