編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

ゼロから歩くPythonの道 > 第13回 スコープとグローバル宣言を学んでより関数を使いこなそう!

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2020-12-02 09:00

CTC教育サービスはコラム「ゼロから歩くPythonの道 > 第13回 スコープとグローバル宣言を学んでより関数を使いこなそう!」を公開しました。
###

吉政創成 アシスタントの菱沼です。
今回も「いちばんやさしいPython入門教室(大澤 文孝氏著) 」を片手に勉強していきます。

さて、前回はdefを使って「関数」を作る方法と、defで使うreturnとは何か?また、returnとprintの役割の違いについて確認しました。
それさえ知っていればできるのかなと思いきや、どうやらdefで関数を作るときに注意すべき点として「スコープを理解する」必要があるのだそうです。今回はこの注意点について学んでみたいと考えています。

スコープってなんだ。
検索してみたところ、プログラミング全般でスコープと言う言葉は利用されるもののようです。

スコープ 【 scope 】
スコープとは、領域、範囲などの意味を持つ英単語で、プログラミングの分野ではプログラム中で変数名などのシンボルが参照可能な有効範囲のことを指す。
プログラム中で定義された変数や定数、関数などを参照・利用できる有効範囲を表し、多くの言語では変数名などの宣言や定義が記述されている位置によって決定される。(引用:IT用語辞典)

この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]