編集部からのお知らせ
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
新着記事まとめ:経産省のDX本気度とは?

2020年のモバイルマルウェアレビュー

株式会社Doctor Web Pacific

2021-02-12 09:00

2020年に最も広く拡散されたAndroidマルウェアの一つは、サイバー犯罪者が違法に収益を得ることを可能にするトロイの木馬でした。それらの中には、任意のコードをダウンロードして実行する悪意のあるアプリケーションや、ユーザーの同意なしに密かにソフトウェアをダウンロードしてインストールするよう設計されたトロイの木馬が含まれていました。
###
た、Webサイトを開いてそこにあるリンクをクリックする、さまざまなアドウェア型トロイの木馬やクリッカー型トロイの木馬も多く拡散されています。

攻撃者が感染したデバイスを遠隔操作することを可能にするバックドアや、Androidデバイスをプロキシサーバーに変えることでサイバー犯罪者がトラフィックをリダイレクトすることを可能にするトロイの木馬もまた、深刻な脅威となりました。

サイバースパイ活動にも引き続き注意が必要です。2020年を通して、Androidデバイスユーザーは犯罪者がユーザーの活動を監視して操作をコントロールすることを可能にする数多くのアプリケーションの標的となりました。これらアプリの多くは、それ自体は悪意のあるものではありませんが、ユーザーの許可なしに使用される可能性があることから潜在的な脅威となっています。

Androidアプリの公式ストアであるGoogle Playや、その他のAndroid向けデジタルコンテンツ配信サービスでも新たな脅威が発見されています。Google Playはアプリやゲームの最も信頼できる提供元であると考えられていますが、そこからは依然としてマルウェアや不要なアプリが拡散され続けています。Doctor WebのスペシャリストによってGoogle Play上で発見された脅威には、多数のアドウェア型トロイの木馬、詐欺アプリ、そしてユーザーを有料サービスに登録させ任意のコードを実行するマルウェアなどがあります。そのほか、バンキング型トロイの木馬や、不要なアドウェアモジュールの組み込まれたアプリケーションもGoogle Playから拡散されていました。詳細は以下をご覧ください。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]