編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構がコロナワクチンに関する行動調査を実施~わずかな説明の差が人々の接種意向を左右する~

関西大学

From: Digital PR Platform

2021-02-05 20:05




 このたび関西大学ソシオネットワーク戦略研究機構(RISS:The Research Institute for Socionetwork Strategies)は、一般の人々を対象として、新型コロナワクチン接種意向に関するインターネット調査(回答者数8,355人・調査期間2021年1月27日~2月3日)を実施しました。その結果、新型コロナワクチン接種を希望する人々の割合は、ワクチンに関する説明の仕方によってかなり異なることがわかりました。




【本件のポイント】

・説明の中身や伝え方次第で、「ワクチンを打ちたい」最小57.8%・最大76.0%
・伝え方の違いで生じる6.6~10.1ポイントの差は、行動経済学の知見と合致
・これらの結果は、人々の接種意向を操作するために用いられるべきではない
・ワクチンに関する丁寧な説明は、結果的に人々の接種希望率を高める可能性がある
・人々の十分な理解を促す情報提供を行い、個人の判断を尊重することが重要



 ワクチン接種という重要な判断が、説明の中身や伝え方のわずかな違いによって大きく左右される可能性について注意喚起することが、この情報発信の目的です。私たちはこうした人間行動の特性を理解し、自らの接種判断にあたってはワクチンに関する情報を的確に把握し、冷静な判断を下すことが必要です。また、新型コロナワクチンについて他人に説明する立場にある人々(医療・介護関係者、保護者など)は、被説明者の意向を十分見極めることが求められます。


 日本でも新型コロナウイルスのワクチン接種開始が近づく中、今後多くの人々が、自らが接種を行うか否かの判断を行うことになります。また他人に接種意向を尋ねる立場となる人々も数多くいます。
 本調査は人々の新型コロナワクチン接種意向が、ワクチンに関する説明によって受ける影響を見極めることを目的に実施されました。その中で、ランダム化比較試験の手法を用いて、説明の中身や伝え方を変えた様々な質問(Q1~Q5)に対する人々の接種意向を分析しました。

 Q1では特に情報を与えず、単純に「あなたは新型コロナワクチンを、打ちたいと思いますか?」と尋ねました。接種希望者は58.2%でした。

 Q2ではQ1に有効率に関する以下の情報を付け加えました。「ある町で、100人の新型コロナ患者が出たとします。もし、この100人があるワクチンを打っていたら、95人は発病を防げたことがわかっています。」すると接種希望者は76.0%に大幅に増えます。


 Q3ではQ1に付け加える有効率に関する情報を否定的な表現にしました。「もし、この100人があるワクチンを打っていたとしても、5人は発病を防げなかったことがわかっています。」すると情報の実質的な内容はQ2と同じであるにもかかわらず、接種希望者は65.9%に大幅に減少します。

 Q4ではQ2に副反応に関する以下の情報を付け加えました。「0.02%の割合で、副作用かもしれない重い症状が出たこともわかっています。」すると接種希望者は64.4%に減少します。

 Q5ではQ2に付け加える副反応に関する情報をパーセンテージではなく人数で表現しました。「10万人のうち20人の割合で、副作用かもしれない重い症状が出たこともわかっています。」すると情報の実質的な内容はQ4と同じであるにもかかわらず、接種希望者は57.8%に減少します。

 このように、新型コロナワクチンに関する説明の中身や伝え方次第で、接種希望者の割合は57.8%~76.0%と大きく変化します。説明の中身が同じであるQ2とQ3の比較では、ワクチンの有効率を肯定的な表現から否定的な表現にすると、接種希望者は10.1ポイント減少することがわかります。また同様に説明の中身が同じであるQ4とQ5の比較では、副反応の割合をパーセント表示から人数表示に変えるだけで、接種希望者が6.6ポイント減少することがわかります。このように伝え方が変わるだけで人々の接種意向は変化します。Q2とQ3の違いは「感情フレーミング効果」、Q4とQ5の違いは「分母の無視」と呼ばれます。いずれも行動経済学の用語であり、人間が選択する際に生じる、傾向的な「クセ」を意味します。

 肯定的な表現と否定的な表現、およびパーセント表示と人数表示が人々の判断に影響を与えるという結果は重大です。こうした結果を利用して特定の方向に人々の接種意向を操作しようとすることは決して望ましくありません。副反応の説明の際には、パーセントと人数の両方を示して、これらが同じ意味であることを伝えるなどの配慮が求められます。

 また、否定的な情報の追加は、必ずしも接種意向の低下につながるわけではありません。情報を与えなかったQ1との比較では、Q5で接種希望者の割合がわずかに低くなっているものの、Q2~Q4では接種希望者の割合が高くなっています。ワクチンの有効率や副反応に関する詳しい説明は、人々のワクチン接種に対する判断を助け、結果的に高い接種希望率につながる可能性があると言えます。

 ワクチン接種には、個人の発症や重症化を防ぐ効果があるとともに、社会全体の接種率が上昇することで、新型コロナ感染症の拡大を防ぐ効果が期待されます。しかし、接種率を引き上げることはこの情報発信の目的ではありません。人々への新型コロナワクチンの説明に際しては、今回の質問文に含まれない情報も併せて提供し、十分な理解を促すことが重要です。その際に、副反応の「鮮明なイメージ」(後述)にとらわれて接種をためらっているように思われる人がいたとしても、本当の理由を見極めることは困難です。また仮に見極めることができたとしても、その人の気持ちを尊重し、無理な説得は避けるべきです。

【本件に関するお問い合わせ先】
ソシオネットワーク戦略研究機構(RISS)機構長・経済学部教授 本西 泰三(もとにし たいぞう)
 E-mail:tmoto@kansai-u.ac.jp


▼本件の詳細▼
関西大学プレスリリース
(リンク »)


▼メディア関連の方▼
※取材をご希望の方は、お手数ですが、下記お問合せまでご連絡をお願いいたします。





▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
寺崎、木田
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]