編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

2021年2月のウイルスレビュー

株式会社Doctor Web Pacific

2021-04-07 09:00

Dr.Webの統計によると、2021年2月に検出された脅威の合計数は前月と比較して25.07%増加し、一方でユニークな脅威の数は7.57%減少しています。検出された脅威の多くを依然としてアドウェアが占めていました。
###

メールトラフィック内では、さまざまな悪意のあるスクリプトと、 Bladabindi バックドアや AgentTesla スティーラの難読化された亜種が多く検出されています。また、Microsoft Officeプログラムの脆弱性を悪用するマルウェアも引き続きユーザーを脅かしています。

2月にDoctor Webテクニカルサポートサービスに寄せられたデータ復号化のリクエスト数は1月と比較して21.27%減少しています。最もアクティブな暗号化ランサムウェアは Trojan.Encoder.26996 で、リクエスト全体の21.45%を占めていました。

2月の主な傾向
マルウェア拡散活動の増加
アドウェアが依然として最もアクティブな脅威の1つとなる
メールトラフィック内で新たな悪意のあるプログラムを検出

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]