編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Dr.Web Enterprise Security Suite 12.0およびDr.Web AV-Desk 13.0に含まれるコンポーネントをアップデート

株式会社Doctor Web Pacific

2021-04-12 09:00

Doctor Webは、 Dr.Web Enterprise Security Suite 12.0 および Dr.Web AV-Desk 13.0に含まれる Dr.Web Net Filtering Service (12.5.6.12190)、 Dr.Web Firewall for Windows (12.05.03.12180) および Dr.Web ES Service (12.10.4.02173)をアップデートしました。
###

さらに、 Dr.Web Enterprise Security Suite 12.0 の Lua-script for es-service (12.5.4.12230)、と Dr.Web AV-Desk 13.0 の Lua-script for es-service (12.10.2.02091) が更新されました。今回のアップデートでは、内部変更が加えられたほか、発見されたエラーが修正されました。

Dr.Web Net Filtering Service および Dr.Web Firewall for Windows への変更点

製品の動作安定性が向上しました。
Dr.Web ES Serviceへの変更点

Scanner設定から、脅威に対しアクションを自動適用するという未使用のオプションが削除されました。
異なるユーザーのグループ別に、カテゴリ毎のサイトアクセス制御が正常に実施されない問題が解決されました。
タスクの実行頻度を一定の間隔("N分毎")に変更時に発生するタスクスケジューラのエラーが修正されました。
Agentがアンインストールされた後、AV-Desk Serverとインストーラー間でOSの再起動時間を同期しなくなりました。
コマンドラインに新しいオプション"--change-loglevel"が追加され、ロギングのレベル (err、 wrn、 inf、 dbg)の変更が可能となりました。その際に、セルフプロテクションを無効化する必要はありません。
es-serviceに、ラテン語文字以外の文字を使用するオプションが追加されました。
予防的保護のカスタム設定が完全には削除されないエラーが修正されました。
Dr.Web Security Space 11.5 から Dr.Web AV-Desk 13.0 へアップグレードする際、Agentをインストール後に、 AVDAgentSetup および DrWebAvdAgent のモジュールがインストールされない問題が解決されました。
端末上で更新を繰り返し、ループするエラーが修正されました。
コマンド "--addcert"を使用して、新しい証明書を追加後、接続パラメーターを更新するオプションが実装されました

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]