編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

欧州の自動車用品小売大手 DAWEX のデータ取引プラットフォームを始動

車載用付属品のデータ流通やマネタイゼーションを促進

在日フランス大使館 貿易投資庁

2021-06-24 15:15

カー用品小売の欧州大手企業が、仏Dawex社のデータ取引プラットフォームを導入したことを発表しました。
データ・エクスチェンジおよびデータ・マーケットプレイス技術のリーディングカンパニーであるフランスのDawex(ダウェックス)社( (リンク ») )は、カー用品の小売でヨーロッパをリードするクライアントが、Dawexの技術を採用し、データ取引プラットフォームを導入し、自動車の小売業界で規制を遵守しながら、安全なデータの売買、データの商品化が可能になったと発表しました。また、車載用付属品のデータへのアクセスを容易にし、データ流通やマネタイゼーションを促進し、データエコシステムを構築します。このデータハブにより、自動車業界全体で、新しいサービスを提案し、生産性や効率性を高め、リスクを軽減し、新たな収益源を創出することが可能となります。

Dawexのクライアントが運営するデータエクスチェンジでは、データ提供側が、データ取得相手のデータ提供先や、使用用途を完全にコントロールできるようにすることで、データ提供者とデータ取得者双方が適切なガバナンスモデルの恩恵を得て、強力なデータパートナーシップを築くことができます。

Dawex社 のデータ取引技術 ( (リンク ») )は、安全なデータ共有や売買のために、技術、契約、財政、規制に係るコンプライアンスの条件を提示し、データ循環に柔軟性、トレーサビリティ、信頼性をもたらします。

「データエクスチェンジにより、新しいサービスを提供できるようになり、データを活用したイノベーション促進に貢献し、データエコシステムを、車載付属品業界におけるデータパートナーシップの実現に不可欠な場にすることを目指します」とDawex社 共同CEOであるFabrice Tocco(ファブリス・トッコ)は述べています。

Dawex社のデータ取引アドバイザリーサービス( (リンク ») )を通じて、包括的なデータ取引戦略とロードマップ( (リンク ») )を策定しました。Dawex社の専門家は、一連のデータと100を超える関連データを特定し、自動車小売のエコシステムにおけるデータ取引のニーズに対応すべく、ユースケースのセグメント化と優先順位付けを行いました。

「データ取引技術は、新たな産業に変革をもたらし、主となるイノベーションの原動力としての役割を果たし、企業や組織をデータドリブンエコノミーへと導きます」とDawex社 共同CEOであるLaurent Lafaye(ロラン・ラファエ)は述べています。

Dawex社について
Dawex社は、データ取引のリーディングカンパニーで、最大のデータマーケットプレイスを運営するフランス企業です(本社所在地フランス、リヨン市)。Dawex社の使命は、経済関係者、組織、民間企業の間での安全なデータ取引を促進・加速させ、データドリブン経済の発展に貢献することです。世界経済フォーラムのテクノロジーパイオニアに選出され、Dawex社は欧州のクラウドプロジェクトGAIA-Xのメンバーで、データ取引協会の共同設立メンバーでもあります。
2015年に設立。フランス、カナダにオフィスを構え、アジアや北米、中東地域へ事業を拡大しています。

このプレスリリースの付帯情報

Dawex Logo

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]