編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

電動ドローン長距離輸送62km、日本記録達成。 株式会社空解は自社新開発の電動VTOLドローンによるフルオート長距離物資輸送実証実験に成功しました。

株式会社空解

From: DreamNews

2021-07-19 12:00

株式会社空解(読み:くうかい 本社:東京都町田市、代表取締役:森田直樹)は、2021年7月17日(土)千葉県銚子市学校給食センターから 茨城県稲敷郡河内町 ドローンフィールドKAWACHIまでの利根川上空(ドローンフィールドKAWACHI付近の周回飛行を含む)を飛行コースに設定したレベル3 目視外飛行、フルオートによる長距離飛行実験を実施しました。医療物資や災害時救援物資の長距離・非接触・保冷輸送を想定し、自社開発の電動VTOL(垂直離着陸型)固定翼ドローン2機を準備。1号機は保冷温度5度以下でのワクチン(ダミー)輸送で、周回含めて70kmのコース設定。2号機はモバイルバッテリー、アルコール、マスク、ビタミン剤などの輸送で62kmのコース設定。
1号機は離陸直後に通信系のトラブルが発生し安全のため飛行を中止しましたが、2号機は飛行プログラム通りに62kmの目視外フルオート飛行をこなし、着陸地点で安定した垂直着陸を成功させました。これは電動ドローン輸送距離の日本記録となります。
飛行距離62km、飛行時間50分。飛行後のログ解析によると、上空は時折風速10m/s程の横風が吹き条件は良好ではなかったのですが、動力バッテリーの消費量は約半分。あと45kmは飛行可能な状況でした。軽量な機体がもたらす高効率な飛行性能を実証いたしました。ドコモLTE通信モジュールによるリアルタイムの位置情報モニタリングも終始良好で、フルオートの飛行安全性も実証いたしました。

飛行区間
千葉県銚子市学校給食センター → 茨城県稲敷郡河内町 ドローンフィールドKAWACHI(周回含む) 62km
運搬物資
モバイルバッテリー2個、アルコール小4本、マスク20枚、ビタミン剤1個 約1kg

特別協力:Team ArduPilot Japan
通信機器提供:株式会社N T Tドコモ
協力:株式会社アイ・ロボティクス

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
TEL: 070-7774-5200
e-mail: info@qu-kai.jp





使用機体  機体名:「QUKAI FUSION」 日本製 自社設計 高性能電動VTOLドローン
固定翼型のいわゆる飛行機でありながら、離着陸は垂直上昇、垂直下降で行える電動VTOLドローン。マルチコプター型ドローンのように滑走路なしでどこでも離着陸できる上に、マルチコプター型ドローンの課題であった貨物輸送の飛行距離(現状4km~8km程度)を大幅に改善した。全長1475mm、全幅2100mm。貨物最大積載重量2.5kg。最大航続距離120km、最高速度120km/h。軽量化に徹底的にこだわり、飛行安定性能と飛行距離は圧倒的で、電動VTOLドローンでは世界最高峰の性能と考える。使用用途によりカスタマイズも自由。2022年以降のレベル4(市街地上空目視外自動飛行)許可に向けて、非接触、低炭素排出による輸送を安全に簡単に行えることを目指す。



「空は、希望だ。」

私たちは、ドローンで空を最適解するイノベーションカンパニー。もっと安全で便利な社会をつくるために。人々をもっと幸せにするために。常に革新的なドローンソリューションを社会実装していく。空は人類の希望が溢れていると信じているから。
僻地や被災地へ物資輸送。超高齢化社会、移動弱者のQOL向上。WITHコロナ時代の非接触型。人の移動を減らし、温室効果ガス排出削減。ドローンは持続可能な社会を作るための重要なソリューション。だからこそ、本当に使える高性能なドローンをリーズナブルな価格で提供していかなければならない。社会実装のスピードを最速にするために。

ラジコン飛行機の世界的なトップパイロットとトップエンジニアが集結して、性能と価格と安全性と専門性を突きつめた画期的な産業ドローンを次々とリリースするベンチャーです。最終目標は世界最速「空飛ぶクルマ」の開発。どうぞご期待ください。

株式会社空解
設立 2021年4月14日
本社 東京都町田市つくし野4-28-14
R&D 千葉県茂原市六ツ野2588-2
代表取締役 森田直樹
URL:  (リンク »)
Youtube: Qu-Kai Channel








本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]