編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

合成生物学の新興企業Allozymesが天然成分の持続可能・拡張可能な製造実現へシードラウンドで500万米ドル調達

Allozymes

From: 共同通信PRワイヤー

2021-07-22 17:16

AsiaNet 90720 (1646)

【シンガポール2021年7月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*天然成分調達に伴う大きな環境影響に責任感ある消費者・企業の強まる非寛容性
*科学者・起業家のPeyman Salehian博士とAkbar Vahidi博士が共同で設立した新興企業は天然成分の持続可能・拡張可能な合成へ独自の技術プラットフォームを利用
*テマセク・ホールディングスの深層科学投資プラットフォームXora Innovationが資金調達を主導し、SOSV、TI Platform Management、Entrepreneur Firstが参加

シンガポールを本拠とする合成生物学新興企業のAllozymes( (リンク ») )は19日、テマセク・ホールディングスの深層科学投資部門Xora Innovationが主導するシード資金ラウンドで500万米ドルを調達したと発表した。同ラウンドには、SOSV、TI Platform Management、Entrepreneur Firstも参加した。

科学者・起業家のPeyman Salehian博士とAkbar Vahidi博士が共同で設立したAllozymesは、カスタム設計の酵素を使って、よりきれい、よりグリーンで持続可能な方法で生産される天然成分を大規模に実現し、1兆ドル規模のバイオ製造分野に破壊的革新を起こす計画である。

AllozymesのAkbar Vahidi最高技術責任者(CTO)は「酵素を、分子を構築したり必要に応じて分解したりして、生細胞にエネルギー、武器、建設資材を提供する自律的なナノ単位のバイオ機械と考えてみよう。チーズやワインを生み出すような自然のプロセスのために自然がこれらのバイオ機械を進化させるには何百万年もかかるが、Allozymesはこれらのバイオ機械の進化を加速し、数週間でそれらを設計する」と語った。

酵素工学は、多数の異種の酵素から適切な酵素を見つけることである。干し草の山で針を探すのと同じように、このプロセスは特別な工業用酵素の開発にとって大きな難関となっている。このため、現在の酵素工学プロセスは依然として時間と費用がかかり、より幅広い産業での採用を思いとどまらせている。

Allozymes独自のプラットフォームは、1日に何百万もの異種酵素を分析・マッピングし、特定の商業的利用に最も効果的で目的に合った酵素を開発する可能性を高める。Allozymesは革新的な製薬企業、農業食品企業、パーソナルケア企業とのパイロットプロジェクトを通じ、ロボット工学技術と比較してわずかな時間とコストで、新しい機能性酵素を生産するプラットフォームの能力を既に実証している。これらの酵素には、酸化酵素、還元酵素、異性化酵素、加水分解酵素、産業バイオ技術のワークハウス酵素が含まれる。

このプラットフォームは、競合他社よりも指数関数的に大きい酵素性能のデータセットを生み出す能力もある。

AllozymesのPeyman Salehian最高経営責任者(CEO)は「このデータを酵素の発見、設計、最適化に利用する計画だ。原料メーカーは当社のデータセットを検索するだけで、ニーズに合った適切な酵素を見つけたり、利用可能な酵素を素早く改善したりすることができる。当社のバイオ技術プラットフォームは、甘味料から天然色、ビタミン、パーソナルケア、化粧品原料に至るまで、広範な産業用途向けの天然成分の持続可能で経済的な生産を可能にする」と述べた。

同社はシード調達資金の収益を利用して、シンガポールを拠点とする製造・事業基盤を確立し、東南アジア諸国連合(ASEAN)および、より広範なアジア太平洋地域で見られる強い需要を優先する予定である。

Xora InnovationのDonna See CEOは「食品、ファッション、燃料、電子機器のいずれの場合でも、Allozymesはこれまでにない速度、規模、品質でカスタム酵素への商業的アクセスを可能にする。世界で最も急成長している持続可能商品市場に組み込まれているAllozymesは、この地域とそれ以外のESG志向のパートナーに独自の価値提案を提供できる好位置にある」と語った。

SOSVのDuncan Turnerゼネラルパートナーは「人工酵素はまだその潜在効果の表面をすくい上げただけである。Allozymesは酵素開発を急激に加速し、人工酵素を未来の農業、バイオ燃料、消費財、化学処理の基本要素にできるだろう」と述べた。

▽Allozymesについて
2019年に創業したAllozymes( (リンク ») )は、よりきれい、よりグリーンで持続可能な方法で生産された天然成分を大規模に提供している。カスタム酵素の力により、当社は、当社のパートナーが農業食品、バイオ燃料、製薬などの広範な用途で環境に配慮したバイオ製造の目標を達成するのを支援する。詳細はwww.allozymes.com (リンク ») を参照。

ソース:Allozymes

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]