編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「全農杯2021年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)」が開幕

全国農業協同組合連合会

From: 共同通信PRワイヤー

2021-07-22 17:10

卓球ニッポンの登竜門!JA全農が「ニッポンの食」で応援

                                      令和3年7月22日

                             全国農業協同組合連合会(JA全農)

 

卓球ニッポンの登竜門!小学生以下の卓球日本一が決まる! 「全農杯2021年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)」が開幕 ~JA全農が「ニッポンの食」で応援~

 

 

 JA全農は、7月22日(木・祝)から、神戸市のグリーンアリーナ神戸(神戸総合運動公園)で開幕した「全農杯2021年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)」に特別協賛し、出場する選手の皆さんを「ニッポンの食」で応援しています。当大会には各都道府県大会を勝ち抜いた卓球少年・少女たち約1,000名が集結し、ホープス(小学6年生以下)、カブ(同4年生以下)、バンビ(同2年生以下)の各種目の頂点を決める大会で、歴代の卓球日本代表選手もこの大会に出場。まさに世界への登竜門といえる大会です。

 

【画像: (リンク ») 】

 

 7月22日(木・祝)に女子の開会式が行われ、全農の新妻成一広報・調査部長が「海外で活躍するアスリートだけでなく、選手の皆さんにとっても栄養バランスのとれた食事をすることは大切。しっかり食べて、海外でも活躍できるような選手になってください」と選手たちにエールを送りました。出場選手を代表して兵庫県の小学6年生、井上真夕選手(ALLSTAR)が選手宣誓を行い、「コロナ禍でも試合ができることに感謝し、精一杯プレーすることを誓います」と力強く決意を述べました。

 

 

【画像: (リンク ») 】

  新妻部長の挨拶 

 

【画像: (リンク ») 】 井上選手による選手宣誓

 

■JA全農が特別協賛し「ニッポンの食」で選手たちを応援!

 JA全農は卓球競技をサポートし、子どもたちの健やかな心身の成長と未来の夢を応援するため、平成25年度から今大会に特別協賛し、大会と出場選手の皆さんを「ニッポンの食」を通じて応援しています。4月~6月に全国各地で開催された予選大会にも、各地の特産品などを副賞や参加賞として提供。都道府県大会で提供された商品は、精米が合計約3.5トン、肉類が約132kg、加工品等が102種にものぼります。

 全国大会でも上位入賞の子どもたちに、その健闘をたたえるとともに、今後のさらなる活躍を願って、豪華な副賞を用意。東北6県のお米を合計約1トンと、全農が運営する産地直送通販サイト「JAタウン」に掲載されている国産黒毛和牛約20kgを提供します。

【表: (リンク ») 】

 

 

【画像: (リンク ») 】

 

【画像: (リンク ») 】

 

【画像: (リンク ») 】

 フェアプレー賞「ザすだち」

 

●JAタウンとは

 JAタウンは、JA全農が運営する産地直送通販サイトです。

「もっと近くに美味しいニッポン」をテーマに、全国の各産地で育まれた農畜産物や特産品を、インターネットを通じて消費者の皆さまにお届けします。

 「JAタウン」URL: (リンク »)                                                                【画像: (リンク ») 】

■会場内で「全農ブース」を展開

 JA全農は会場内で「全農ブース」を展開。入賞選手の皆さんに提供する副賞を展示するほか、卓球ラケット型の絵馬を展示します。ラケット型の絵馬は、出場選手の皆さんに参加賞と一緒に配布しており、卓球ニッポンの皆さんへの応援メッセージを書いてもらい、全農ブースで展示します。絵馬を持ってきてくれた選手の皆さんには、新潟県産米「新之助」パックごはんをプレゼントします。

また、ブースに設置したモニターではSNS上で募集した25,000件の卓球ニッポンへの応援メッセージや、全農所属の石川佳純選手からの出場選手への応援メッセージを放映します。

 

■Twitterキャンペーン実施

 また、全農広報部 公式ツイッター「全農広報部 スポーツ応援」で、今大会の開催を記念したプレゼントキャンペーンも実施します。

 

  ●全農杯ホカバ 開催記念キャンペーン

   全国大会の入賞選手に贈呈する副賞と同じ商品を計9名様にプレゼントします。

  ・応募期間:2021年7月22日(木・祝)~7月31日(土)

  ・賞  品:国産黒毛和牛500g、東北6県のお米詰合せセット(東北六県絆米セット)、

  ・参加方法:「全農広報部 スポーツ応援」ツイッターアカウントをフォローして、該当ツイートをリ 

   ツイート

  ・当選連絡:当選者にはツイッターのDMでご連絡します。

  ・アカウント: (リンク »)

 

【画像: (リンク ») 】

 

  ●ツイッターアカウント「全農広報部 スポーツ応援」とは

    「全農広報部 スポーツ応援」では、スポーツに関わる情報や、JA全農が「食」を通じてアスリ   

   ートの皆さんをサポートする取り組みなどを発信しています。

   本大会の模様も紹介します。

    URL: (リンク »)

 

■大会概要

(1)大 会 名:全農杯2021年全日本卓球選手権大会(ホープス・カブ・バンビの部)

(2)大 会 日:2021年7月22日(木・祝)~25日(日)

(3)会  場:神戸総合運動公園内体育館 (グリーンアリーナ神戸)

(4)主  催:公益財団法人日本卓球協会

(5)特別協賛:全国農業協同組合連合会(JA全農)

 

 



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]