編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

麻布十番にオリンピック・ハンガリー代表選手で包まれたビルが出現!

駐日ハンガリー大使館

From: 共同通信PRワイヤー

2021-07-22 18:00

ハンガリー文化センターで館内外から楽しめるオリンピック企画展開催 (外装は9月末、写真展は8/19まで)

「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」に際し、駐日ハンガリー大使館(特命全権大使:パラノビチ・ノルバート 東京都港区三田2-17-14)は企画展を、そして大使館文化部であるハンガリー文化センター(東京都港区麻布十番3-8-1 日比谷麻布十番ビル1F)は下記のオリンピック関連企画を実施致します。

 
【画像: (リンク ») 】

■「ハンガリー文化センターのハンガリー選手の写真による外装」

麻布十番商店街の一角にある、2019年12月に開設されたハンガリー文化センター(東京都港区麻布十番3-8-1 日比谷麻布十番ビル1階、並びに2階のオフィス)の窓全面に東京2020大会に参加するハンガリー選手の写真を貼り、ハンガリー文化センターの建物自体を外に向けられた展示場として考え、選手と主要競技を紹介します。窓に貼られた写真は、ハンガリーオリンピック委員会(MOB)所有のロゴ・イメージを使用したものです。この外装は9月末までを予定しています。
 
ハンガリーの代表選手は夏季オリンピックで計491個のメダル(金175個、銀147個、銅169個)を獲得しており、オリンピックの未開催国では最多です。フェンシングは金37個、競泳は28個、カヤック・カヌーは25個獲得しており、ハンガリーでは国技とも言える水球では9個の金メダルをとりました。伝統的に強いこれらの競技の現在活躍中の代表選手以外に、今回参加する陸上・ハンドボール・自転車・柔道・空手の有力選手も紹介します。

ハンガリー文化センターのホームページ
(リンク »)

ハンガリー文化センターのフェイスブック
(リンク »)

近代オリンピックでのハンガリーの業績:
(リンク »)

 
■「ハンガリー文化センターでの写真展」

 
 
【画像: (リンク ») 】
ハンガリー文化センター写真展の様子 
オリンピックの年にふさわしい事業として、6月15日~7月12日の期間、「TOKYO1964 東京選手団の追憶」企画展を開催し、22個のメダル(内、10個の金メダル)を獲得したハンガリー選手団の活躍と東京と選手村で過ごした毎日を紹介しました。企画展開会式には、1964年の東京オリンピックで金メダルを獲得したレスリング選手コズマ・イシュトヴァーン選手と交友関係にあった1968年メキシコオリンピックでのレスリング銀メダリスト藤本英男元選手も出席されました。

 
【画像: (リンク ») 】
                                                                                                                                                                                                                                            7月14日~8月19日、ハンガリー文化センター1階多目的ホールにて今回のオリンピック参加選手達を写真と文章でご紹介しています。オリンピック期間中は、10時から17時まで毎日開館(最終入場は16:45まで)、ハンガリー選手の競技スケジュールに合わせて開館時間が延長する予定もあり、どなたでも気軽にご入館いただけます(入場無料)。
※予告なしに閉館する場合もございますので、事前に開館状況をご確認ください。

■インスタグラムアカウントの開設
TOKYO2020に合わせ、ハンガリー大使館とハンガリー文化センターは共同インスタアカウントを開設しました。@hungaryinjapan には、オリンピック関連情報とニュース、さらにはハンガリーに関する情報をシェアしていきます。

東京2020でのハンガリーチーム
今年のオリンピックハンガリー代表団の人数は総勢約300名で、パラリンピック代表団は100名ぐらいが認定を受けています。オリンピック参加資格を得ているハンガリーの選手は176人です。フェンシング、競泳、カヌー、水球、その他の競技でも成果をあげ、メダルを獲得できることを期待しています。また、ハンガリーで人気のある柔道や空手などの格闘技試合にも出場します。
一方、日本のホストタウンとの協力関係が非常によいことを誇りに思っております。栃木県はハンガリーオリンピック委員会(MOB)と協力協定を結び、多くのハンガリー人選手が栃木で事前キャンプを行いました。福島県の郡山市は7月上旬に到着した水泳選手を迎え、香川県の坂出市はハンガリーのカヌー選手を受け入れました。

写真のコピーライト:ハンガリー文化センター

■上記事業に関する問合せ先
駐日ハンガリー大使館文化部ハンガリー文化センター(Hungarian Cultural Institute)
Email:culture.tokyo@mfa.gov.hu



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]