編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「SX-Aurora TSUBASA」のベクトルエンジンを取り扱い開始

株式会社ジーデップ・アドバンス

2021-11-18 12:00

この度「NEC 共創コミュニティ for SX-Aurora TSUBASA」へ参画した、株式会社ジーデップ・アドバンス(GDEP Advance,Inc. 本社:東京都港区、代表:飯野匡道)は、単一コアあたり世界トップクラスの演算性能を誇るSX-Aurora TSUBASAのベクトルプロセッサ搭載したPCI-Expressカード「ベクトルエンジン」の取り扱いを本日11月18日(木)より取り扱いを開始し、当社が運営する大学・研究機関向けオーダーメイドPCの販売「UNIV( (リンク ») )」サイト内で販売開始しました。

「SX-Aurora TSUBASA」は、NECが長年スーパーコンピュータ開発で培ったLSI技術と高密度実装技術、高効率冷却技術などを結集したカード型のベクトルエンジン(VE)を多数搭載する省電力なサーバです。世界トップクラスの単一コア性能及び単一コアメモリ帯域を持ち、科学技術計算や大規模データの高速処理を得意とし、気象予報、地球環境変動解析、流体解析、ナノテクノロジーや新規素材開発などのシミュレーション、AI活用において高い実効性能を実現しており、大量のデータ解析や人工知能(AI)の開発、流通業の需要予測やセキュリティ分野など、中小規模のR&Dにおけるエッジ領域で新たなビジネス創出をサポートします。

SX-Aurora TSUBASA ベクトルエンジン TYPE20B-Pの特長
●世界で唯一、NECだけが提供するベクトル型プロセッサ環境を提供
●世界トップクラスの単一コア性能/単一コアメモリ帯域を有するコア8個を内蔵し、1枚で2.45テラフロップス
の演算性能と1.53テラバイト/秒のメモリ帯域を実現
●C/C++/Fortranで開発でき、ソースコードの書き換えなど特別な前処理は不要
●コンパイラの自動ベクトル環境に対応し、既存のライブラリやツール資産をそのまま活用可能

SX-Aurora TSUBASA ベクトルエンジン 価格
Vector Engine TYPE20B-P
NA5210-20BP(NEC SDK for VE:1ライセンス) 1,827,650円(税込み)
製品ページURL:
(リンク »)


■株式会社ジーデップ・アドバンスについて
(リンク »)
株式会社ジーデップ・アドバンスは、「Advance with you」をミッションに、GPGPUをはじめとするアクセラレーターやハイエンドワークステーション、広帯域ネットワークや高速ストレージを用いたクラスターシステム、さらにライブラリやコンパイラ、ジョブスケジューラなどの運用ツールの提供構築から運用支援まで、仕事や研究を前に進めるための手段をオンプレミスやレンタル、クラウドなどあらゆる形態で総合的に提供するAIとビジュアライゼーションのソリューションプロバイダです。NVIDIA社パートナー認定制度「NPN(NVIDIA Partner Network)」においてCompute DGX、Visualization各コンピテンシーのエリートパートナーとして、またIntel社のインテル(R) テクノロジー・プロバイダー・プログラムにおいて、Titaniumプロバイダー及びHPCデータセンタースペシャリストの認定を受けて活動しています。

■製品、サービスに関するお問い合わせ先
株式会社ジーデップ・アドバンス ソリューション部
E-mail:univ@gdep.co.jp
TEL:03-6803-0620 ※電話受付(平日)9:00~17:00


※記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※記載されている情報はリリース時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了、延期となる場合があります。

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]