編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

東洋大学が『第35回 東洋大学「現代学生百人一首」』入選作品を発表

東洋大学

From: Digital PR Platform

2022-01-15 02:05




東洋大学(東京都文京区/学長・矢口悦子)は1月15日に、第35回 東洋大学「現代学生百人一首」入選作品100首、小学生の部入選作品10首を発表しました。国内外から寄せられた“現代の学生”ならではのユニークな78,444首の作品から選定。毎年大きな反響と多くの方々からのご支持をいただいております。




 「現代学生百人一首」は、本学が1987年に創立100周年を迎えた際に、「百」にちなんだ記念行事のひとつとして始めた事業であり、毎年大きな反響と多くの方々からのご支持をいただいております。全国で最も累計応募数の多い短歌コンクール(※)であり、第1回から第35回までの累計応募作品数は1,651,524首を数えます。
(※)2022年1月15日 本学調べ

 35回目となる今回は、これまでで最も多い78,444首の作品が寄せられました。ここに紹介する入選作品100首からは、2021年の話題や世の中の出来事、そして日常生活に対する若者たちの感性をうかがい知ることができます。作品募集のテーマである「現代学生のものの見方・生活感覚」を基準に、厳正に審査された入選作品100首を発表するとともに、小学生の部入選作品10首も併せて紹介いたします。また、学校全体で取組み、多数の優れた作品を応募いただいた学校に贈呈する「学校特別賞」も5校選出いたしました。

詳細につきましては、東洋大学公式Webサイト内、現代学生百人一首ページ( (リンク ») )よりご覧ください。

<第35回 東洋大学「現代学生百人一首」概要>
 ■テーマ  :「現代学生のものの見方・生活感覚」を詠みこんだ短歌
 ■応募総数 : 78,444首(内、小学生791首)
 ■応募校総数: 771校
 ■応募期間 : 2021年9月17日(金)~10月13日(水)
 ■選考方法 : 東洋大学「現代学生百人一首」選考委員会にて選考
 [選考委員長]
 ・高柳 祐子  東洋大学文学部准教授
 [選考委員]
 ・神田 重幸  東洋大学名誉教授
 ・中川 佐和子 歌人/歌誌『未来』選者 現代歌人協会理事
 ・坂井 修一  歌人/歌誌『かりん』編集人 現代歌人協会副理事長


▼本件に関する問い合わせ先
東洋大学 総務部 広報課
現代学生百人一首担当
住所:〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
TEL:03-3945-7571
FAX:03-3945-7574
メール:mlkoho@toyo.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]