編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

トランスフェクション試薬・機器市場、2027年までに13億2,250万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-05-10 14:00

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「トランスフェクション試薬・機器市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会、予測(2022年~2027年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を5月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界のトランスフェクション試薬・機器市場は、2021年に8億2,420万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.70%のCAGRで成長し、2027年までに13億2,250万米ドル規模に達すると予測されています。

トランスフェクション試薬および機器は、in vitro および in vivo での真核細胞の遺伝子発現を調節するのに役立ちます。これにより、研究者は安定した細胞株を作成し、発現用の遺伝子挿入物を有するデオキシリボ核酸(DNA)プラスミドや低分子干渉RNA(siRNA)を導入することができます。現在、タンパク質合成、細胞の成長・発達、遺伝的機能の研究のための有効な分析ツールとして利用されています。また、トランスフェクション試薬・機器は、十分な量の組換えヒト治療用タンパク質をコスト効率よく迅速に生産できることから、rタンパク質、抗体、ワクチン用ウイルスベクターの生産にも利用されるようになっています。

市場の動向
コロナウイルス(COVID-19)発生と世界的な感染拡大により、多くの国の行政機関がワクチン接種の推進に注力しています。しかし、新種のウイルスが出現したため、これらのワクチンによる保護と免疫の効果は短期間なものとなっています。そのため、革新的な戦略を開発したり、既存の治療法を再利用したりして、ウイルス感染に対抗するためのトランスフェクション試薬・機器のニーズが高まっています。また、新しいがん変異体の迅速な検出と、精密医療および質の高い腫瘍学的治療に対する需要の高まりが、がん研究および医薬品開発におけるトランスフェクション試薬・機器の導入を促進しています。さらに、遺伝子の問題によって引き起こされる希少疾患の治療に遺伝子治療が施されるようになってきたことも、市場の成長を促しています。加えて、世界中で死亡交通事故が増加しているため、損傷した組織の機能的代替製品を開発するための組織工学の需要が大幅に増加しており、市場の成長を後押ししています。その他、トランスフェクション技術における最近の進歩や、製薬・バイオテクノロジー分野への投資の増加も、市場を牽引すると予想されています。

主要な市場区分
世界のトランスフェクション試薬・機器市場は、製品、技術、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場区分
・試薬
・機器

技術別の市場区分
・生化学的トランスフェクション
・物理的トランスフェクション
・ウイルスベクタートランスフェクション

用途別の市場区分
・生物医学研究
・タンパク質産生
・治療提供

エンドユーザー別の市場区分
・製薬会社、バイオテクノロジー企業
・学術・研究機関

市場の競合状況
世界のトランスフェクション試薬・機器市場における主要な企業としては、Bio-Rad Laboratories Inc.、Lonza Group AG、MaxCyte Inc.、Merck KGaA、Mirus Bio LLC、OriGene Technologies Inc.、PerkinElmer Inc.、Polyplus-transfection SA、Promega Corporation、PromoCell GmbH、Qiagen N.V、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:dbm@gii.co.jp
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]