編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

グローバルプロトン交換膜式燃料電池に関する市場レポート

QY Research株式会社

2022-05-19 17:29

2022年1月9日に、「グローバルプロトン交換膜式燃料電池に関する市場レポート, 2017年-2028年の推移と予測、会社別、地域別、製品別、アプリケーション別の情報」の調査資料を発表しました。プロトン交換膜式燃料電池の市場生産能力、生産量、販売量、売上高、価格及び今後の動向を説明します。世界と中国市場の主要メーカーの製品特徴、製品規格、価格、販売収入及び世界と中国市場の主要メーカーの市場シェアを重点的に分析する。過去データは2017年から2021年まで、予測データは2022年から2028年までです。

QYResearch(QYリサーチ)は市場調査レポート、リサーチレポート、F/S、委託調査、IPOコンサル、事業計画書などの業務を行い、お客様のグロ ーバルビジネス、新ビジネスに役に立つ情報やデータをご提供致します。また、日本の皆様へのサービスをより一層充実するために、日本の現地法人を設けています。

■レポートの詳細内容・お申込みはこちら
(リンク »)

市場分析と見通し:世界のプロトン交換膜式燃料電池市場
コロナ禍によって、プロトン交換膜式燃料電池(Proton Exchange Membrane Fuel Cell (PEMFC))の世界市場規模は2021年に1062百万米ドルと予測され、2028年まで、31.3%の年間平均成長率(CARG)で成長し、7311.4百万米ドルの市場規模になると予測されています。

プロトン交換膜式燃料電池 の世界の主要メーカーには、Fuel Cell Energy, Inc., Ballard Power Systems, Hydrogenics Corporation, SFC Energy AG, Nedstack Fuel Cell Technology B.V., Bloom Energy, Doosan Fuel Cell America, Inc., Ceres Power Holdings Plc and Plug Power, Inc. and などがある。2021年、世界の大手6社の売上は %のシェアを占めています。

北米の プロトン交換膜式燃料電池 市場は、2021 年に 百万米ドル、中国市場は 2028 年に 百万米ドルになると予測されています。世界市場における中国のシェアは、2021年に %で、2028年には %に達し、年間平均成長率(CARG)は %と予測されています。ヨーロッパの プロトン交換膜式燃料電池 市場では、ドイツが2028年までに 百万米ドルに達すると予測されています。アジアでは、日本と韓国の市場が最も注目されていて、今後6年間の平均成長率(CARG)はそれぞれ %と %です。

50 KWは、2021年には プロトン交換膜式燃料電池 世界市場の %を占めていましたが、コロナ以降の期間には %のCAGRで成長し、2028年には 百万米ドルになると予測されています。一方、Stationaryセグメントは、2028年まで年間平均成長率(CARG)%で成長し、2028年には約 %のシェアを占めることになります。

世界のプロトン交換膜式燃料電池規模とセグメント
世界のプロトン交換膜式燃料電池市場は、会社別、地域別、製品別とアプリケーションによって細分化することができます。世界のプロトン交換膜式燃料電池市場における主な会社、関係者及びその他の参加者は、本調査レポートを重要なリソースとして活用することができます。このレポートは、2017年から2028年までの会社別、地域(国)別、製品別及びアプリケーション別の売上実績と予測に焦点を当てています。
【総目録】
1 世界のプロトン交換膜式燃料電池市場概況
1.1 世界のプロトン交換膜式燃料電池製品概要
1.2 製品別のプロトン交換膜式燃料電池 市場
1.2.1 50 KW
1.2.2 75 KW
1.2.3 Others
1.3 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池市場規模
1.3.1 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池市場規模の概要(2017-2028)
1.3.2 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池市場規模の推移(2017-2022)
1.3.2.1 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池販売量の推移 (2017-2022)
1.3.2.2 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池売上市場シェアの推移 (2017-2022)
1.3.2.3 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池平均販売単価(ASP)の推移 (2017-2022)
1.3.3 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池市場規模の予測(2023-2028)
1.3.3.1 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池販売量の予測(2023-2028)
1.3.3.2 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池売上の予測 (2023-2028)
1.3.3.3 製品別の世界のプロトン交換膜式燃料電池平均販売単価(ASP)の予測(2023-2028)
1.4 製品別の主な地域の市場規模
1.4.1 製品別の北米プロトン交換膜式燃料電池市場規模 (2017-2022)
1.4.2 製品別のヨーロッパプロトン交換膜式燃料電池市場規模 (2017-2022)
1.4.3 製品別のアジア太平洋地域プロトン交換膜式燃料電池市場規模 (2017-2022)
1.4.4 製品別のラテンアメリカプロトン交換膜式燃料電池市場規模 (2017-2022)
1.4.5 製品別の中東とアフリカプロトン交換膜式燃料電池市場規模 (2017-2022)
■世界トップレベルの調査会社QYResearch
(リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
QY Research株式会社
日本現地法人の住所: 〒104-0061東京都中央区銀座 6-13-16 銀座 Wall ビル UCF5階
TEL: 0081-5058936232(050-58936232)
マーケティング担当 japan@qyresearch.com

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]