編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

国内初、ローカル5Gを用いたセンサー機器無線接続の実証に成功 北海道電力による低コスト広域無線計装ネットワークの実現に向けた接続実証試験を、HOTnet、エマソン、NSSOLの3社が支援

日鉄ソリューションズ株式会社

From: Digital PR Platform

2022-08-04 11:00




(リンク »)



プレスリリース



2022年8月4日
日鉄ソリューションズ株式会社


国内初、ローカル5Gを用いたセンサー機器無線接続の実証に成功
北海道電力による低コスト広域無線計装ネットワークの実現に向けた接続実証試験を、
HOTnet、エマソン、NSSOLの3社が支援

日鉄ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森田 宏之、以下 「NSSOL」)は、北海道電力株式会社(以下「北海道電力」)による広域無線計装ネットワークの実現に向けた接続実証試験を、北海道総合通信網株式会社(以下「HOTnet」)および日本エマソン株式会社(以下「エマソン」)の3社共同で支援し、国内で初めて無線計装(センサー)機器群とローカル5G無線装置との接続実証に成功しました。
本実証実験はHOTnetのローカル5G(4.8GHz帯)の無線局免許取得(※1)を受け、免許取得地である北海道電力の苫東厚真発電所において実施しました。

北海道電力をはじめとする電力会社各社は、発電所内の設備の稼働状態を各設備に設置したセンサーから取得したデータを用いて把握・管理しています。センサーのデータを用いた設備管理は、設備間の影響の相関関係を可視化することによる設備の安定稼働や設備故障の予兆検出につながるため、電力の安定供給および発電所全体の安定運転を実現する上で重要な課題となります。
一方、大規模プラントである北海道電力の苫東厚真発電所は設備数が非常に多く、それにともない必要なセンサー機器群も膨大な点数に上ります。広大な敷地において大量のセンサーと監視サーバーとをつなぐ有線ケーブルの敷設・維持コストは高額で、災害時の健全性リスクも高くなります。低コストでの広域計装ネットワークを実現するにはセンサーとサーバーを結ぶネットワークの無線(ワイヤレス)化が有効となります。
ローカル5Gは広域・大容量・高セキュリティ・干渉に強いという特性を有しており、広域無線計装ネットワークを実現する最適な技術となります。広域計装ネットワークへのローカル5Gの活用は、北海道電力におけるローカル5G活用ユースケースの1つとして位置づけられていることから、本実証実験を実施することとなりました。

ローカル5Gを用いた広域無線計装ソリューション 概念図


(リンク »)


今回の実証実験においては、北海道電力の苫東厚真発電所の設備群に設置したセンサーから収集されたデータを、ローカル5Gを用いてサーバーに伝送し、監視者がPCから取得データを表示できることが確認できました。

各社の役割分担は以下の通りです。
・北海道電力:接続実証実施、実証地としての場所の提供、センサー機器の取り付け工事、実証結果分析
・HOTnet:接続実証試験のプロジェクトマネジメント、接続実証実施と結果集約
・エマソン:測定アプリケーションの選定、センサー機器の提供と監視システム構築、ローカル5G装置との接続
・NSSOL:ローカル5G装置とエマソン社センサー機器の接続、プロジェクトマネジメント支援

機器設置イメージ(発電所屋内での実証)


(リンク »)


今回の接続実証の成功を受け、北海道電力とHOTnetは両社連携してローカル5Gを活用した広域無線計装ネットワークの本番導入の検討を進めていく予定です。

NSSOLは従前よりエマソンの提供する無線計装機器群とローカル5G装置との接続実証を自社の「0→1 Design Lab/ゼロイチデザインラボ(※2)」で進めるなど、ローカル5Gに関する最先端の知見を現場に適用するための技術検証を進めていました。また、ノキア社との戦略提携のもと、国内他社に先駆けてローカル5Gサービスを日本国内で提供しています(※3)。

今後もNSSOLは「ファーストDXパートナー」として、製造・エネルギー業界に所属する幅広い企業のシステム構築およびDXソリューションの提供で培ってきた知見を活かしたDX支援を行ってまいります。アプリケーション・基盤・通信を含めたトータルDXソリューションを提供し、日本のインダストリー4.0の実現に貢献していきます。
以 上


■会社概要
北海道電力株式会社
 ・本社:北海道札幌市
 ・代表取締役 社長執行役員:藤井 裕
北海道総合通信網株式会社
・本社:北海道札幌市
・代表取締役社長:古郡 宏章
日本エマソン株式会社
・本社:東京都
・代表取締役社長:チュン チェンファイ

※1
HOTnetでは2021年11月1日に総務省 北海道総合通信局よりローカル5G免許を取得(免許種別:一般業務用、周波数:4.8GHz帯)
※2
顧客とのイノベーション共創を実現する場「0→1Design Lab/ゼロイチデザインラボ」を4月28日グランドオープン(プレスリリース)
(リンク »)
※3
エネルギー業界のDX実現を目指し、北海道電力・HOTnetのローカル5G(4.8GHz帯)実地検証を支援(プレスリリース)
(リンク »)
製鉄製造現場のDX推進に向け、国内最大出力のローカル5G無線局免許を取得(プレスリリース)
(リンク »)



【本件に関するお問い合わせ先】
日鉄ソリューションズ株式会社
テレコムソリューション事業部 エンタープライズ5G事業推進部 
E-mail:tes-5gcenter-market@jp.nssol.nipponsteel.com

【報道関係お問い合わせ先】
日鉄ソリューションズ株式会社
管理本部 サステナビリティ推進部 広報・IR室
E-mail:press@jp.nssol.nipponsteel.com

・NS Solutions、NSSOL、NS(ロゴ)は、日鉄ソリューションズ株式会社の登録商標です。
・本文中の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]