【クライム出展情報】VMware Explore 2022 Japan

株式会社クライム

2022-10-07 17:23

株式会社クライム(本社:東京都中央区)は、ヴイエムウェア株式会社(東京都港区、代表取締役:山中 直、以下VMware社)が主催する、国内最大級イベント「VMware Explore 2022 Japan」に出展いたします。 11月15日(火)-16日(水)の2日間、会場[ザ・プリンス パークタワー東京]と オンラインでのハイブリッド開催となります。
登録、セッション視聴予約は下記よりお申込みください。
(リンク »)
招待コード SPL030
※グッズが当たるポイントを獲得できます!


■セッション情報 オンライン 
Day 2: 11月16日(水) 15:00 - 15:40
セッションID NS22403
迫りくるランサムウェアの魔の手!
VMware vSphere 環境の感染を防ぐデータ保護戦略とは

昨今、猛威を振るうランサムウェア。
VMware vSphere 環境に侵入、仮想マシンが標的にされることはもちろん、最近ではバックアップデータもそのターゲットとなっており、バックアップデータも含めて暗号化/削除されてしまうことで、復旧もできず、被害が大きくなってしまう例も報告されています。
本セミナーでは、クライム取り扱い製品によるランサムウェア対策、日々の監視によるランサムウェアの早期発見や、バックアップデータ堅牢化によるサイバー攻撃からの防止など、ウイルス感染を防ぐための様々なデータ保護戦略について紹介します。



■展示詳細 会場&オンライン
VMware vSphere、VMware Cloud 環境のバックアップ、ランサムウェア対策に!
クライムにて厳選した4製品をご案内します。
・Veeam:バックアップとレプリケーション、VMware Tanzu のアプリケーション保護
・Zerto:リアルタイム同期による DR やランサムウェア対策
・Druva:SaaS 型データ保護ソリューション
・Entrust:仮想マシンの暗号化とキー管理、アクセス制御

このプレスリリースの付帯情報

VMware Explore 2022 Japan

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]