【舞鶴高専】iMecのイベント「iMecフォーラム2022」を12月15日にキャンパスプラザ京都にて開催

独立行政法人国立高等専門学校機構

From: PR TIMES

2022-11-14 18:46

iMecフォーラム2022(対面・オンライン併用)

舞鶴工業高等専門学校(京都府舞鶴市 校長:内海 康雄)社会基盤メンテナンス教育センター(略称iMec,センター長:建設システム工学科教授 玉田和也)は、産官学が集いインフラメンテナンスについて学びあう「iMecフォーラム2022」を2022年12月15日(木)に対面・オンライン併用で開催します。今年度は、基調講演者に前・国立研究開発法人土木研究所理事長の西川和廣様を迎え、『土木研究所が開発する道路橋診断AIシステムについて』と題してご講演いただきます。また、パネルディスカッション『人材育成を考える』では、産官学のパネリストにより、行政を含む建設業界全体の人的資本形成へ向けた議論を展開します。
【URL】 (リンク »)



[画像1: (リンク ») ]



フォーラムについて
 本フォーラムは、橋梁をはじめ社会基盤の維持管理技術力の向上と人材育成に資することを目的に、京都府と共催で毎年開催しています。産官学が集いインフラメンテナンス関係の最新の動きや取組みついて学びあう場として、行政機関技術職員、民間企業技術者、全国の高専教職員等を主な対象に、基調講演やパネルディスカッションを実施しています。


登壇者プロフィール

[画像2: (リンク ») ]

・開会あいさつ
 舞鶴工業高等専門学校 校長 内海 康雄

・社会基盤メンテナンス教育センター活動報告
 社会基盤メンテナンス教育センター長 玉田 和也
 一般社団法人近畿建設協会 理事 黒谷 努 氏

・基調講演
 前・国立研究開発法人土木研究所 理事長 西川 和廣 氏

・パネルディスカッション
 前・国立研究開発法人土木研究所 理事長 西川 和廣 氏
 中央復建コンサルタンツ株式会社  構造系部門 技師長 丹羽 信弘 氏
 舞鶴市建設部 次長 東山 直 氏
 福井工業高等専門学校 校長 田村 隆弘 氏
 社会基盤メンテナンス教育センター長 玉田 和也(コーディネーター)・まとめ
 京都府建設交通部道路建設課 課長 橋田 洋介 氏


【「iMecフォーラム2022」実施概要】
イベント名:iMecフォーラム2022
開催日:2022年12月15日(木)
会場名:キャンパスプラザ京都
アクセス:京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939
     (京都市営地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車。徒歩5分)
申し込み方法:対面・オンラインとも事前申し込み制WEB予約 【締切12月8日(木)】
下記URLよりお申込みください。
(リンク »)
※残席があれば,会場にて当日参加も受付します。
参加費:無料、CPD(土木学会)・CPDS(全国土木施工管理技士会連合会)付与


【社会基盤メンテナンス教育センター(iMec)概要】

[画像3: (リンク ») ]

 インフラメンテナンス維持管理・修繕等に対応できる人材育成を行う機関として、平成26年1月23日に社会基盤メンテナンス教育センターを開設。平成28年度からは、アクティブ・ラーニングを基軸とした、eラーニングと講習会を組み合わせた“e+iMec講習会”を開催。橋梁メンテナンスに関する技術資格認定を実施。令和元年度から、文部科学省Society5.0に対応した行動技術人材育成事業「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」の中核拠点『KOSEN型産学共同インフラメンテナンス人材育成システムの構築』(KOSEN-REIM)を開始。橋梁診断までのリカレント教育プログラム体験を構築する他、技術継承を担う実務家教員を育成するとともに、高専のネットワークを生かしたインフラメンテナンス分野のリカレント教育の全国展開に取組んでいる。

[画像4: (リンク ») ]

名称:舞鶴工業高等専門学校社会基盤メンテナンス教育センター
所在地:〒625-8511京都府舞鶴市字白屋234
代表者:センター長 玉田 和也
設立:平成26年1月23日
URL: (リンク »)
事業内容:インフラの維持管理に関する実践的な教育システムを構築し、全国の高専生や地方自治体職員、民間技術者などを幅広く受け入れ、現場に密着した教育センターとして、維持管理技術に特化した人材育成を行っている。


【学校概要】

[画像5: (リンク ») ]

学校名:独立行政法人国立高等専門学校機構
    舞鶴工業高等専門学校
所在地:京都府舞鶴市字白屋234番地
校長:内海 康雄
設立:1965年URL: (リンク »)
事業内容:高等専門学校・高等教育機関

 本科は4学科(機械工学科,電気情報工学科,電子制御工学科、建設システム工学科)で構成され、5年間一貫教育により、実践性と創造性を併せ持つ高度技術者を養成するための国立の高等教育機関です。
 さらに専門的な学習を行う2年間の専攻科(電気電子システム工学コース、機械制御システム工学コース、建設工学コース)を有し、融合複合的な教育を行うことにより、国際社会で力を発揮できる中核的技術者を育成することを目指しています。


【本リリース問い合わせ先】
舞鶴工業高等専門学校社会基盤メンテナンス教育センター(iMec)
TEL:0773-62-8877(平日9:00~16:00)
e-mail:imec@maizuru-ct.ac.jp
[画像6: (リンク ») ]

~2022年度、高等専門学校制度は創設60周年を迎えます~
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

独立行政法人国立高等専門学校機構の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]