エアコンプレッサー市場、2027年に218億1,000万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-12-06 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「エアコンプレッサー市場:世界の産業動向、シェア、規模、成長、機会、2022-2027年の予測」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月5日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
エアコンプレッサーの世界市場は、2021年に168億4,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.10%のCAGRで成長し、2027年には218億1,000万米ドル規模に達すると予想されています。
エアコンプレッサーは、加圧された空気に含まれる圧縮された気体の運動エネルギーを利用して、さまざまな機器や機械に必要な量のエネルギーを供給する空気圧式、機械式の装置です。シリンダーヘッド、デリバリーバルブ、冷却水ジャケット、コンプレッサーケーシング、ピストン、クランクシャフト、インター&アフタークーラー、メインベアリングなどから構成されています。使い捨ての廃棄物を減らし、連続的な圧縮を行うことで、冷却機械における液体や気体の適切な輸送を支援します。また、信頼性が高く、交換可能で、使い勝手がよく、メンテナンスが少なくて済むため、エアコンプレッサーは真空包装、スプレー塗装、医療機器の洗浄、工具の動力源などの用途で使用されています。現在では、携帯型と据置型の製品が市販されています。

市場の動向
さまざまな分野でエアコンプレッサーが広く導入されているのは、エネルギーと電力の需要を満たし、運用出力を強化するために、効果的で低価格のコンプレッサーに対するニーズが高まっているためと考えられます。これに伴い、複数の家電製品の購入が増加し、エアコン(AC)、冷媒、蒸気タービン、その他の電気機械装置にエアコンプレッサーを組み込むことが容易になり、これも市場の成長要因として作用しています。さらに、環境問題の高まりから、数カ国の政府は騒音公害や二酸化炭素(CO2)排出を軽減するために、石油を原料とする製品よりもエアコンプレッサーの導入を促進しており、これが市場の成長を後押ししています。さらに、騒音や振動のないポータブルエアコンプレッサーや、可変速システムとの大規模な統合を求めるメーカーの動きも、市場の成長に寄与しています。これとは別に、急速な工業化、継続的な製造・採掘活動、パイプラインのガス流量を維持するために石油・ガス産業でエアコンプレッサーが広く利用されていることが、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分
世界のエアコンプレッサー市場は、タイプ、技術、潤滑方式、定格出力、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分
・携帯型
・据置型

技術別の市場区分
・レシプロ/ピストン
・ロータリー/スクリュー
・遠心分離機

潤滑方式別の市場区分
・給油式
・オイルフリー

定格出力別の市場区分
・0~100kW
・101~300kW
・301~500kW
・501kW以上

エンドユーザー別の市場区分
・メーカー
・半導体・エレクトロニクス
・食品・飲料
・ヘルスケア・メディカル
・家庭用電化製品
・エネルギー
・石油・ガス
・その他

市場の競合状況
世界のエアコンプレッサー市場における主要な企業としては、Atlas Copco AB、Bauer Compressors Inc.、Berkshire Hathaway Inc.、Ciasons Industrial Inc.、Desran Compressor (Shanghai) Co.Ltd, Doosan Corporation、ELGi Equipments Limited、Hitachi Ltd.、Ingersoll Rand Inc.(Trane Technologies plc), Rolair Systems、Suzler Ltd.などが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]