ノンアルコール飲料市場、2027年に1兆1,512億2,000万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2022-12-06 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ノンアルコール飲料の市場:世界の産業動向、シェア、規模、成長、機会、2022-2027年予測」(IMARC Services Private Limited)の販売を12月5日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

市場の概要
世界のノンアルコール飲料市場は、2021年に8,316億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.40%のCAGRで成長し、2027年には1兆1,512億2,000万米ドル規模に達すると予想されています。
ノンアルコール飲料とは、アルコールを含まないか、酒類の含有量が0.5%未満の清涼飲料水を指します。一般的な製品の種類としては、炭酸飲料、ジュース、ボトル入り飲料水、スポーツドリンクやエナジードリンク、インスタントティーやコーヒーなどが挙げられます。これらの飲料は、体内の水分補給、代謝促進、心血管系の健康増進、消化機能の強化、ストレスや不安の軽減などを促進します。

市場の動向
健康とウェルネスに対する消費者の意識の高まりは、主に世界中で乳製品をベースとした飲料、フルーツジュース、機能性飲料などの需要を促進しています。さらに、心臓血管疾患、肝硬変、血圧異常、胃腸疾患など、アルコールの常用により引き起こされる多くの慢性疾患の高い有病率は、ノンアルコール飲料の需要を促進しています。さらに、消費者の過密な労働環境や座りっぱなしのライフスタイルが、即席飲料の需要を高め、市場の成長をさらに促進しています。さらに、アルコール飲料と同様の味、質感、色合いを持つ斬新な製品群の上市は、重要な成長要因として作用しています。これとは別に、消費者のアルコール消費を抑制するための政府の意識向上プログラムの増加が、世界のノンアルコール飲料市場に明るい展望をもたらしています。また、ノンアルコール飲料が実店舗の流通チャネルとeコマース・プラットフォームの両方で広く入手可能であることも、製品需要を高めています。さらに、ノンアルコール飲料に含まれる合成香料、人工着色料、化学保存料に対する消費者の懸念が高まっていることから、有機・天然原料を使用した製品が上市されるようになりました。これにより、今後数年間にわたりノンアルコール飲料の世界市場は成長を続けると予想されています。

主要な市場区分
ノンアルコール飲料の世界市場は、製品タイプ、包装形態、流通チャネルに基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分
・炭酸飲料
・ジュース類
・ボトルウォーター
・スポーツドリンク、エナジードリンク
・インスタントティー・コーヒー
・その他

包装形態別の市場区分
・ボトル
・缶
・カートン
・その他

流通チャネル別の市場区分
・小売
・フードサービス
・スーパーマーケット、ハイパーマーケット
・オンラインストア
・その他

市場の競合状況
ノンアルコール飲料の世界市場における主要な企業としては、Arizona Beverage Company、Asahi Group Holdings Ltd., Danone S.A., Keurig Dr Pepper Inc., Nestle S.A., Parle Agro Pvt. Ltd., PepsiCo Inc., Primo Water Corporation, Red Bull GmbH, Suja Life LLC, Suntory Beverage & Food Limited, The Coca-Cola Companyなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]