クライム、DevOpsのボトルネックを解消し、高品質でプライバシーに準拠したデータへのアクセスを、いつでもどこでも実現するAccelario(アクセラリオ)の販売を開始

株式会社クライム

2023-01-24 09:00

株式会社クライム(東京都中央区)は本日、イスラエルのAccelario社が開発した重要なデータへのアクセスをリアルタイムであらゆる環境に提供し、規制とプライバシーのコンプライアンスを確実に維持できるAccelarioのContinuous DataOps Platform販売開始を2023年1月24日に発表しました。
このプラットフォームの下記4つの異なるモジュールは、スタンドアロンソリューションとしても、包括的なDataOps管理プラットフォームとしても利用できます。

●Accelario Data Masking(データマスキング)

Accelario Data Maskingモジュールは、インテリジェントな機密データ検索エンジンを介して、機密データを簡単に検索し、マスキングすることができます。データマスキングは、事前に定義されたマスキングポリシー(例:GDPR、HIPAA)、またはカスタマイズされたポリシーに従って実行されます。マスキングされたデータは、マスキングプロセスを通じて、最小限のユーザ介入で参照整合性を維持した本番品質のデータに変換されます。

●Accelario Data Virtualization(データ仮想化)

Accelario Data Virtualizationモジュールにより、DevOpsのデータコピーのボトルネックがついに解消されます。チームは自律的に独立した不変の仮想環境を作成し、現代のアジャイル要件をサポートする方法で簡単にプロビジョニング、リフレッシュ、管理することができます。高度なネイティブデータ変換およびマスキング機能により、複雑なプライバシーとテストのニーズを克服します。

●Accelario Synthetic Data(データ合成)

Accelarioの先進的なソリューションは、合成データのプロビジョニングと操作の全プロセスを簡素化します。使い方が簡単なこのモジュールは、セルフサービスポータルで、DBAへの依存を大幅に減らし、開発プロセス全体をスピードアップさせます。柔軟性が高く、あらゆるテストやトレーニングの要件に適合する合成データを生成することができます。

●Accelario Data Copy(データコピー)

ソースデータを、オンプレミスまたはクラウド上のターゲットデータベースに、高速かつ安全でユーザーフレンドリーな方法でコピーします。プライバシーを最大限に保護するためのオンザフライマスキングと、最適なサブセット機能を提供します。

●オプション:Accelario Disaster Recovery for Oracle Standard Edition

Oracle Standard Edition専用の災害対策専用ソリューション

■ 価格:オープン価格 (年間サブスクリプション提供)

■ 製品概要ページ:
(リンク »)

■オンライン・セミナー開催について
Acceralioの販売開始を記念して2月16日にYouTube Liveを使用してオンライン・セミナーを開催します。どなたでも視聴できます。

(リンク »)

■株式会社クライムについて
株式会社クライムは1984年に設立され、仮想化/クラウド、データベース関連ソフトウェア企画販売サポート、アプリケーション開発を提供しています。

本社所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町1-36-7
TEL: 03-3660-9336 Fax:03-3660-9337
URL: (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]