役職者限定ネットワーキングイベント「データガバナンス&サイバーセキュリティCAMP 2023 for Executive」を初開催

Sansan株式会社

From: PR TIMES

2023-02-10 13:46

~米国から専門家を招聘。参加者交流に注力~

Sansan株式会社が提供するキャリアプロフィール「Eight」は、ネットワーキングイベント「データガバナンス&サイバーセキュリティCAMP 2023 for Executive」を、2023年3月15日(水)にザ ストリングス 表参道で開催します。初開催となる本イベントは、情報システム部やコーポレート部等に所属する役職者を対象に、海外から講師を招いて、データガバナンス・サイバーセキュリティに関する最新トレンドをお届けします。



[画像: (リンク ») ]


■「データガバナンス&サイバーセキュリティCAMP 2023 for Executive」について
企業のデジタル活用は、多くの産業で事業成長に欠かせないものとなりました。しかしデータの収集・蓄積が進むと同時にデータを扱う人材が増え、誤った取り扱いによるリスクも高まっていることから、総務省は「国内でのサイバーセキュリティ情報生成や人材育成を加速するエコシステムの構築が必要である」と警鐘を鳴らしています(※1)。

Eightは、このような背景を踏まえて、これまでに6回開催しているDXリーダー育成イベント「DX CAMP」のスピンオフイベントとして「データガバナンス&サイバーセキュリティCAMP 2023 for Executive」の開催を決定しました。本イベントでは、海外から、Netflix、Google、Uber Technologies, Inc.などでの経歴を持つプライバシー・セキュリティの専門家、著者であり、GLGアドバイザーを務めるNishant Bhajaria氏や株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官の名和 利男氏らをはじめ、国内外のプロフェッショナルを招き、データガバナンスやサイバーセキュリティに関する最新事例をご紹介します。

「DX CAMP」シリーズは、これまでオンライン形式で開催し、参加者からも好評を得ています。コロナ禍を考慮しオンラインでの開催としていましたが、参加後のアンケートでは、リアル会場での開催を期待する声や、登壇者や参加者同士のつながりに期待する声が集まりました。

そうした参加者の声に応えるべく、本イベントはリアル形式で開催し、登壇者と参加者、参加者同士のつながりが生まれるような機会を用意しています。リアルな会場ならではのインタラクティブなコミュニケーションを活性化するため、講演の合間の名刺交換会や立食形式のアフターパーティーを設けます。加えて、データガバナンスやサイバーセキュリティに関わる多様なサービスのブースを展示し、参加者の課題解決につながるサービスとの出会いを後押しします。

■「データガバナンス&サイバーセキュリティCAMP 2023 for Executive」開催概要
イベント名称:データガバナンス&サイバーセキュリティCAMP 2023 for Executive
会期:2023年3月15日(水)14:30~19:30(受付開始 14:00~)予定
会場:ザ ストリングス 表参道(東京都港区北青山3-6-8)
内容:セッション/基調講演/スポンサー講演/特別講演/交流会/スポンサーブース 等
参加対象者:システムセキュリティやデータガバナンスに関連する部署に所属の部長職以上の役職者(事前審査制)
参加定員:150名予定
参加費用:無料
参加方法:特設サイトよりお申し込み
特設サイト: (リンク »)

登壇者:主な登壇者は以下の通り(一部抜粋・順不同)
そのほかの登壇者や各セッションの詳細につきましては、特設サイトをご覧ください(※3)。

・プライバシー・セキュリティ専門家、著者、GLGアドバイザー Nishant Bhajaria氏(※4)
・株式会社サイバーディフェンス研究所専務理事/上級分析官 名和 利男氏
・クリックテック・ジャパン株式会社 営業本部 本部長 槙野 匡昭氏
・Denodo Technologies株式会社 シニア・プリセールス・エンジニア 三浦 大洋氏
・メンロ・セキュリティ・ジャパン株式会社 セールス・マネージャー 佐熊 勇介氏

※1:総務省 情報流通行政局 情報通信政策課 情報通信経済室 「令和4年版情報通信白書」(2022年7月5日)
(リンク »)
※2:イベント参加登録者には、後日、アーカイブ配信を予定しています。
※3:2023年2月1日時点の情報です。今後変更になる可能性があります。
※4:当講演者は、株式会社Gerson Lehrman Group( (リンク ») )の有識者です。講演内容は当講演者個人の見識・見解です。

(以上)

■名刺管理に、転職に「Eight」
Eightは、名刺管理やキャリア形成に活用できるキャリアプロフィールアプリです。2012年の提供開始以来、ビジネスパーソンのライフタイムに伴走し、300万人を超えるユーザーに利用されています。ユーザーは、自分の名刺を登録することでオリジナルのプロフィールが作成され、自身のキャリアを情報として蓄積することができます。また、キャリアアップにつながる学びの機会や、キャリアチェンジにつながる企業との出会いの機会などを得ることができます。さらに、名刺交換した相手の名刺を登録することで、これまで培ってきた人脈を管理できるとともに、Eight上でつながることで異動や昇進などの情報を共有し合うことができます。

■Sansan株式会社 会社概要
「出会いからイノベーションを生み出す」をミッションとして掲げ、働き方を変えるDXサービスを提供しています。主なサービスとして、営業DXサービス「Sansan」やキャリアプロフィール「Eight」、インボイス管理サービス「Bill One」、契約DXサービス「Contract One」を国内外で提供しています。

設立:2007年6月11日
URL: (リンク »)
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
資本金:65億11百万円(2022年11月30日時点)
事業内容:働き方を変えるDXサービスの企画・開発・販売
Sansan  (リンク »)
Eight  (リンク »)
Bill One  (リンク »)
Contract One  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]