【無料セミナー】経営デザインシート・ローカルベンチマークを使った伴走型支援事例を2023/4/5に発表します。

TAC株式会社

From: PR TIMES

2023-03-14 12:16

経営者が本当にやりたかったことを引き出し、こんな支援の仕方があったんだ!と気づきが多いセミナーです。

公認会計士や税理士など、多くの国家資格や検定試験の受験指導などの教育事業を展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役:多田敏男)は、経営知識が学べる企業経営アドバイザー講座から、無料セミナー「教えて!五島先生!企業支援実例セミナー」を2023年4月5日(水)に開催します。



[画像1: (リンク ») ]

不確実性の高い事業環境においては、未来のありたい姿を描いて新しい価値をデザインする力が必要です。支援者にも、これまでの課題解決型の支援だけでなく、クライアントが未来に向かって自走できるように経営力を高める支援が求められています。

今回は、企業経営アドバイザーの特長といえる「経営デザインシート」と「ローカルベンチマーク 」を活用した支援事例をご紹介します。
・ありたい姿を経営者とともにどのように描いていくのか?
・企業や経営者は、どのように変わっていったのか?
・どのような支援のあり方が喜ばれるのか。

登壇いただくのは、数々の事業再生案件を手掛け、公的支援機関からの信頼も厚い五島 宏明 講師です。経営デザインシートとローカルベンチマークという武器を最大限に活用して、どんな会社でも新しい価値を創出し未来を切り開いていくための伴走支援に熱く取り組んでいます。

さらに、支援先企業の生の声として、
「子どもが社会に対して希望が持てるためには大人が笑顔であり健康である必要がある。」という理念を掲げ、不妊治療を通して日々、世代を超えて日本の未来を健康にするために尽力している株式会社子どもは未来 代表取締役 薬剤師 鍼灸師の野崎 利晃 氏と、
「ゆったりした空間でお食事を楽しんでもらいたい」をモットーにコロナ真っ只中で店舗リニューアルを行ったうえ、現在は週2日の定休日、平日の夜間営業廃止、という飲食店として異例のワークライフバランスを推進している創業49年の釜めしとらや 代表の友田 勝 氏のお二人からお話を伺います。

将来に向けてどんな価値を提供したいのか?という想いに向き合い、ワクワクする仕事にチャレンジしているお二人が、ローカルベンチマークや経営デザインシートを活用することでどのように考えが変わっていったのか、生の声を聞いていただけるチャンスです。この機会にぜひご参加ください。

(リンク »)




セミナーの特長


・ビジネスモデルの変革事例が聞ける!
・経営デザインシートとローカルベンチマークでビジネスモデル変革を進める方法が学べる!
・支援先企業 経営者の生の声が聞ける!



セミナー概要


日 時:2023年4月5日(水)19:00~20:30[90分]
セミナー形式:Zoom(ウェビナー形式※お顔は出ません)
参加料:無料
定 員:500名
申込締切:当日開始時間前まで
セミナー詳細はこちら▼
(リンク »)



プログラム


1.自己紹介
2.経営デザインシートとローカルベンチマーク
 ・経営デザインシートとローカルベンチマークとは
 ・組み合わせ支援の効果
 ・活用時の留意事項
3.【支援実例】バックキャストで夢を実現する子宝先生(R)️の挑戦
 ・「プロスポーツ選手にはコーチがいるのに経営者にはコーチがいない」にハッとさせられた
 ・五島講師と野崎社長の経営デザインシート作成
 ・ありたい姿とのギャップを埋めるアクションプラン
 ・野崎社長の変化
 ・経営デザインシートに基づいて取り組んだ結果
4.【支援実例】コロナ禍での「釜めしとらや」の挑戦
 ・コロナウィルス感染拡大と負の連鎖による経営危機
 ・五島講師と友田社長の経営デザインシート作成
 ・ありたい姿とのギャップを埋めるアクションプラン
 ・友田社長の変化
 ・経営デザインシートに基づいて取り組んだ結果
5.質疑応答



講師プロフィール



[画像2: (リンク ») ]

五島 宏明(ごしま ひろあき)講師
ヒロパートナーズオフィス 代表/ビジネスプロデューサー
中小企業診断士

1984年青山学院大学経営学部卒
子供服屋の三代目社長として、小売業からSPA(製造小売業)へ業態転換しオリジナルブランドFiveKidsを生み出したが、少子化やSC間競争に巻き込まれ2007年会社は倒産。
その後、2010年に中小企業診断士の資格を取得し2012年には事業再生分野で最高峰の資格である認定事業再生士(CTP)となる。自らの失敗を教訓に事業再生&事業承継支援に注力し、現在はビジネスプロデューサーとして、経営デザインシートを活用したビジネスモデルの変革を主軸にリアルとオンライン共にコンサルティングやセミナー・講演を開催し、価値デザイン社会の実現を目指している。
著書:三代目が会社をつぶす!?(同友館)

[画像3: (リンク ») ]


野崎 利晃(のざき としあき)氏
株式会社子どもは未来 代表取締役 薬剤師 鍼灸師
メディカルサロンM岐阜調剤薬局・漢方センター
高橋産婦人科天使の産声鍼灸院
HP: (リンク »)


薬学科、鍼灸学科卒業後、生殖医療を専門とし、子宝先生(R)として行う年間300組以上のカップルのカウンセリングを通して、妊孕性向上のために今出来る選択肢を提案し多くの患者さんの夢を叶えてきました。
妊娠そのものが目的ではなく、妊娠中・出産後の家族の夢(目的)を実現させるための活動こそが生きるための活動(生活)である事をカウンセリングにて気付いてもらうことで、本当は今幸せであるという現状を自覚し、将来どうなりたいのかが明確になります。我が子を健康的に育てる(健身康体)と言う夢の実現を医療の現場で実践しています。
所属:発表学会 一般社団法人日本生殖医学会 一般社団法人和漢医薬学会 一般社団法人和漢医薬学会 一般社団法人統合医療生殖学会理事

[画像4: (リンク ») ]


友田 勝(ともだ まさる)氏
釜めし とらや 代表

1974年静岡県磐田市に生まれる
高校卒業後、家業を継ぐため日本料理の修行を始める
2000年二代目として実家に戻る
2021年3月コロナ渦中に店舗リニューアル
「ゆったりした空間でお食事をたのしんでいただきたい」をモットーに日々、仕事に励んでいます。
HP: (リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■企業経営アドバイザーとは
企業経営アドバイザーは、企業の「総合診療医」として、地域企業の元気(=稼ぐ力)を引き出すために経営・事業を総合的に診断し、必要に応じて様々な専門家との連携を図りながら、持続的成長のための適切な処方箋を出すことができる専門家です。財務・非財務両面から対象企業の事業を理解したうえで、真の経営課題を発見・整理して解決に導く力をもつ人材です。
企業が持続的に成長し存続していくためには、事業を客観的に分析・評価したうえで、事業環境の変化の予測に基づいて未来の事業を構想し、実現に向けて手を打っていくことが必要です。
経営者の頼れる相談者としてそのような企業の取り組みに伴走して支援を行い、その持続的成長を支えることにより、地域の活性化や地方創生に貢献できる人材として期待されるのが企業経営アドバイザーです。

▼TAC企業経営アドバイザー対策講座の詳細はコチラ
(リンク »)
▼検定試験の詳細はコチラ
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社概要
会社名:TAC株式会社
代表者:代表取締役社長 多田 敏男
設 立:1980年12月
事業内容:個人教育事業、法人研修事業、出版事業、人材事業
本 社:〒101-8383 東京都千代田区神田三崎町3-2-18
Webサイト: (リンク »)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]