農業機械の市場規模、2028年に2904億8000万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーション

2023-03-23 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「農業機械の世界市場:2028年までの予測 - タイプ、動作モード(アフターセールス、OEM)、アプリケーション、地域別の分析」(Stratistics Market Research Consulting)の販売を3月22日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

農業機械の市場規模は、2022年の1722億5000万米ドルからCAGR 9.1%で成長し、2028年には2904億8000万米ドルに達すると予想されています。農業機械とは、トラクターや関連ツールなどの機械装置を指し、時間と労力を節約する目的で農作業に使用するよう設計されています。これらのツールは使い方が簡単で、一次および二次土壌耕起、栽培、肥料散布、殺虫剤、農薬、除草剤散布、作物収穫、灌漑システム、水利管理、畜産など幅広い農作業を支援します。農業機械は、農作業に必要な設備です。

米国農務省(USDA)によると、農業、食品、および関連産業は、2020年の米国GDPに1兆550億米ドル貢献しており、これはGDP全体の5%を占めています。また、農業生産高は1347億米ドルに達し、GDP全体の約0.6%に相当します。

牽引要因:農業の機械化に対するニーズ

農業機械市場は、耕作、耕起、植え付け、収穫、耕作などの様々な農作業の機械化が進むにつれて拡大すると予測されています。トラクター、ハーベスター、各種アタッチメントなどの機械設備を使用する利点がより明らかになるにつれ、農業機械への依存度は高まっています。さらに、精密農業は、農業経営の長期的な存続、収益性の向上、土地資源の保護など、農業生産性の向上につながるものです。農業機械市場の主要プレーヤーが生産するさまざまな製品は、植え付けや収穫などのさまざまな農作業を支援し、農業機械の利用をさらに拡大します。これは、今後の農業機械産業の成長に大きな影響を及ぼしています。

抑制要因:認知度の低さ

農業技術は人間の作業を減らしながら、より短時間で作物の生産量を増やします。自動・半自動農業機械は、作業に必要な労働力を最小限に抑え、人件費を削減します。農業の機械化は作業効率を高め、農産物の品質と価値を向上させ、取り扱いの容易な機器で作業者の安全を確保することができます。一方、農業機械導入のメリットに関する農家の情報不足は、市場を制限する大きな要因となっています。認識が広まらず、適切な資源の不足、金銭的な問題はすべて、農業機械の導入に悪影響を与えています。

市場機会:政府の好意的な政策

各国政府機関が、農業機械化の急速な普及を促進するプロジェクトを立ち上げています。このような背景から、将来的には農業用トラクターやハーベスターの需要が高まると予測されます。さらに、農業用機械は、林業において、新たに切り出された木材を含むさまざまな最終製品を運搬するために採用されることが増えています。その結果、林業は今後数年間、市場に大きな販売機会をもたらすと思われます。種子、肥料、農業機械の購入に対する補助金など、農業経営の拡大に対する政府の援助は、農業機械産業の成長にとって有利な機会を創出します。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]