JR東日本とJR西日本は、新幹線の自動運転について技術協力します

東日本旅客鉄道株式会社

From: PR TIMES

2023-05-09 20:46



[画像1: (リンク ») ]

[表: (リンク ») ]



1. JR東日本の取り組み
・ JR東日本は、グループ経営ビジョン「変革2027」に掲げるドライバレス運転(GoA3、GoA4)の実現のため、ATO(自動列車運転装置)の開発を進めています。 
・ 2021年度には、上越新幹線 新潟駅~新潟新幹線車両センター間において回送列車の自動運転の試験を実施しました。
・ これまでの試験などで得られた知見を元に、2020年代末に上越新幹線の新潟駅~新潟新幹線車両センター間の回送列車(GoA4)、2030年代中頃には東京駅~新潟駅の営業列車(GoA3)のドライバレス運転の実現を目指します。

2. JR西日本の取り組み
・ JR西日本は、技術ビジョンのめざす姿として、「人と技術の最適な融合」を掲げ、「自動運転技術による安全性と輸送品質向上」の実現に向けた技術の開発に取り組んでいます。
・ 2022年度からは、北陸新幹線 白山総合車両所敷地内において自動運転機能の要素技術開発として、車両を自動で加速・減速させ定められた位置に停止させる制御装置などの、自動運転機能の評価と課題抽出を行うために実証試験を実施しています。
・ 今後、北陸新幹線での自動運転の実現に向けたシステム開発やコスト軽減などの検討を進めます。
[画像2: (リンク ») ]


3. JR東日本とJR西日本の技術協力
 JR東日本とJR西日本は2023年4月に覚書を締結しました。相互直通運用を行う北陸新幹線のE7系/W7系をベースに、自動運転の実現に向けた、技術検討を協力して進めていきます。

【参考】 関連するこれまでのプレス
[JR東日本]  (リンク »)
・ 新幹線 E7 系で自動運転の試験を行います【2020年11月10日】

[JR 西日本]  (リンク »)
・ 新幹線の自動運転実現に向けた開発を行っています【2022年4月18日】

【参考】 鉄道の自動化レベル(乗務形態による分類)
[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]