スマホアプリに代わるOTPトークン認証専用デバイス「OTP c610」を日本国内で提供開始

飛天ジャパン株式会社

From: PR TIMES

2023-05-23 18:46

中国オンラインバンキングの認証とセキュリティにおけるNo.1サプライヤーであるFeitian Technologies社の日本総代理店である飛天ジャパン株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役:李 戦海)は、スマホアプリに代わるOTPトークン認証専用デバイス「OTP c610」を日本国内で提供開始しました。



[画像: (リンク ») ]


パスワードのみによる認証は最大のセキュリティ課題の1つであり、セキュリティ強化の一環として、多くのWebサービスではログイン時の多要素認証(MFA:Multi-Factor Authentication)を実装し始めました。

スマホにAuthenticatorアプリをインストールし、MFAデバイスとしてスマホを使用するケースが一般的ですが、「OTP c610」は、社用スマホが支給されていない社員やスマホを持ち込めない環境でスマホアプリに代わり、多要素認証(MFA)ワンタイムパスワード(数字6桁)を生成する認証専用器です。

グローバルではオランダやドイツの銀行に採用されています。

OTPトークン認証専用デバイス「OTP c610」
(リンク »)

■製品の特徴
かんたん導入


ユーザー自身で画面に表示されたQRコードをOTP c610で読み取るだけで登録が完了します。そのため管理者に負担をかけることもなく運用することが可能です。
かんたん操作


電源を立ち上げるとワンタイムパスワードが表示されるため、ログイン時にそのパスワードを入力するだけ。
スマホがなくても安心


社用スマホを支給してない社員に対して、モバイルAuthenticatorアプリの代替機として利用ができます。操作もモバイルAuthenticatorアプリと同様です。
OATH規格に準拠


国際標準規格OATH TOTPに準拠しているため、他のOATH規格に準拠した製品と連携させることが可能です。

■製品チラシ
(リンク »)

[動画: (リンク ») ]

■無料体験版
導入をご検討していただいている法人様を対象に、製品の機能や性能を評価するために無料体験版をお貸出しさせていただいております。
(リンク »)

■飛天ジャパン株式会社について
飛天ジャパン株式会社は独立系セキュリティプロバイダーで、独創的なセキュリティソリューションや決済端末、AI/IoT製品を企画・開発する専門集団です。低価格・シンプル・高セキュリティの「使えるセキュリティ」製品を提供し、日本国内では官公庁・大手企業を含む1,000社以上の納入実績がございます。
(リンク »)

■Feitian Technologies社について
Feitian Technologies社は、スマートカードOSのパイオニアであり、中国オンラインバンキングの認証とセキュリティにおけるNo.1サプライヤーです。
提供しているセキュリティ製品はワールドワイドの金融機関に200行以上、1億本以上の導入実績を達成。中国国内でのマーケットシェアは50%以上、高度なセキュリティを要求される金融機関や官公庁、大手企業などに幅広く利用されています。
(リンク »)

■本件に関するお問い合わせ先
飛天ジャパン株式会社
担当:セキュリティ営業部
TEL:03-3668-6668
Email:1st_sales@ftsafe.co.jp

※「Google」「Google Authenticator」は Google LLCの登録商標または商標です。
※「Microsoft」「Microsoft Authenticator」はMicrosoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]