スリーシェイク、OBC「奉行V ERPクラウド」と「Reckoner」で業務で活用しているオリジナルシステムや複数サービス間のデータ連携要件にも対応可能に!

株式会社スリーシェイク

2023-08-24 10:00

株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田 拓真、以下スリーシェイク)は、データ連携を活用した新たな業務システムビジネスの実現に向け、株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田 成史、以下OBC)との連携を開始することをお知らせいたします。 本取り組みにより、スリーシェイクが提供するデータ加工・連携ツール「Reckoner」とOBC社が開発・販売する国産SaaS ERP「奉行V ERPクラウド」が連携し、企業の各部門やシステムで孤立していたデータをシームレスに連携させ、効率的で統合された業務プロセスを実現いたします。
従来の業務システムでは、異なるシステム間でのデータ共有や連携が課題となっており、情報の一元化や効率的な業務プロセスの実現に制約がありました。しかし、本連携により、企業は「Reckoner」を活用してそれぞれのデータの加工や変換を行いながら、「奉行V ERPクラウド」にデータを連携することが可能になります。これにより、業務で活用しているオリジナルシステムへの対応や異なる複数のシステム間でのデータ連携が容易になり、業務プロセスの効率化と情報の一元管理が実現されます。
スリーシェイクが提供するデータ加工・連携ツール「Reckoner」は、圧倒的な使いやすさを追求したノーコード型ETLツールとして多くの企業から支持を受けております。また、OBC社が開発・販売する「奉行V ERPクラウド」は、業務プロセスの効率化と生産性の向上に貢献する高い信頼性を備えた国産SaaS ERPです。この連携により、シームレスかつ効果的なビジネス環境の構築をサポートすることが可能となりました。

■今後の活動
スリーシェイクは、今後、データ連携を活用した新たな業務システムビジネスの実現に向けて、OBC社との連携を強化してまいります。両社は、企業の業務効率化やデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援することを共通の目標とし、この連携によりさらなる付加価値を提供いたします。
具体的な活動としては、OBCパートナー企業向けに、連携ビジネスの普及拡大に向けた啓発活動やセミナーの開催、研修プログラムの開始、成功事例の共有などを行ってまいります。さらに、継続的なコミュニケーションを通じて、ビジネス価値の最大化と持続的な成長を支援します。
スリーシェイクは、OBC社との連携ビジネスを通じて、両社の強みを最大限に活かし、企業のビジネス環境の変革と成長を支援してまいります。


■株式会社オービックビジネスコンサルタント 代表取締役社長 和田 成史氏 コメント
OBCは、「奉行V ERPクラウド」と株式会社スリーシェイク様「Reckoner」との連携開始を心より歓迎いたします。
直感的なインターフェースで信頼度の高いインフラ環境で使える「Reckoner」との連携により、各部門のデータをシームレスにつなぐことができるため、より幅広い業務範囲において”つながるひろがる”を実現でき、エンドユーザ様の業務改善に繋がるものと確信しております。
今後もOBCは、株式会社スリーシェイク様と連携してお客様のビジネスの発展を支援してまいります。

■株式会社スリーシェイク 代表取締役社長 吉田 拓真 コメント
クラウドERP・基幹システムとして、高い業務水準や多数の導入実績を誇る奉行V ERPクラウドとReckonerの連携を大変嬉しく思っております。Reckonerが持つクラウドSaaSの連携力によって、データ活用による付加価値の高いビジネス環境をOBCパートナー企業様に提供できることで、より幅広いユーザーニーズに応えられると確信しております。引き続き、企業の業務生産性向上に向けた機能提供に邁進してまいります。

■「奉行V ERPクラウド」について
OBC社が開発・提供する「奉行V ERPクラウド」は、企業の業務生産性を向上する業務アプリケーションを安心・安全・快適にご利用いただくための仕組みを兼ね備えた中堅・成長企業のための国産SaaS ERPです。自動的に最新にメンテナンスされる業務アプリケーション、あらゆるサービス・データをつなぐマネジメントサービス、AI・機械学習といった最新テクノロジー、世界トップレベルのセキュリティ、常に最適にコントロールされたサーバー・OSなどのクラウド基盤を包括的に提供いたします。
サービスサイト: (リンク »)  

■「Reckoner(レコナー)」について
Reckoner はノーコード型 ETL、データパイプラインサービスです。
「仕様策定(プログラム設計)→ 実装 → テスト → 基盤構築 → 運用」と通常だと非常に煩雑なデータ連携を、Reckoner は全て GUI で完結。
データ活用をこれまでにない直感的な方法で実現可能です。
サービスサイト: (リンク »)

■株式会社オービックビジネスコンサルタント(OBC)について
1980年の創業以来、多様な情報技術とお客様の満足を徹底的に追及する「顧客第一主義」のもと、主に企業業務に関するソリューションテクノロジー(会計・人事・給与等の基幹業務や、それに係る周辺業務)の開発メーカーとして、パートナー企業を通して、累計69万社以上のお客様に、業務効率化に貢献するクラウドサービス等を提供しております。DX(デジタルトランスフォーメーション)で変革する時代の流れの中で、「業務のデジタル化」をキーワードに、『奉行クラウド』『奉行クラウドEdge』を主力とするクラウドサービスで、あらゆるサービスやデータと“つながるひろがるビジネス”を実現し、中堅・中小企業の競争力を高め、新たなビジネスモデルを創造するご支援を継続的に行っています。


【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは、ITインフラ領域の技術力に強みをもつテクノロジーカンパニーです。2015年の創業から提供しているSREコンサルティング事業「Sreake(スリーク)」では、AWS / Google Cloud / Kubernetes に精通したプロフェッショナルが技術戦略から設計・開発・運用を一貫してサポートしています。またSRE領域で培ったノウハウをベースに、2020年4月にノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」を提供開始し、ビジネス分析やマーケティングへのビックデータ活用を簡易に実現可能としました。以後、フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」やセキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」を提供開始し、DX時代における技術戦略設計からセキュアなアプリケーション開発、データ活用までを一貫提供可能な体制を進めています。

会社名   :株式会社スリーシェイク
代表者   :代表取締役社長 吉田 拓真
所在地   :東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑
事業内容 :
・SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営( (リンク ») )
・セキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」運営 ( (リンク ») )
・ノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」開発・運営 ( (リンク ») )
・フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営 ( (リンク ») )
会社HP  : (リンク »)


*「奉行V ERPクラウド」は株式会社オービックビジネスコンサルタントの製品です。
*「Reckoner」は株式会社スリーシェイクの製品です。
*本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社スリーシェイクの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]