AI活用の顧客体験プラットフォーム「talkappi」を、オリックス・ホテルマネジメント株式会社が展開する16施設に導入

株式会社アクティバリューズ

2023-10-24 10:00

観光分野のDXを推進する株式会社アクティバリューズ(東京都渋谷区)が開発・運営しているAI活用の顧客体験プラットフォーム「talkappi(トーカッピ)」が、オリックス・ホテルマネジメント株式会社(東京都港区、取締役社長:似内隆晃、以下「オリックス・ホテルマネジメント」)が展開する「ORIX HOTELS & RESORTS」ブランドの13施設を含む、運営する16施設に導入され、大変好評をいただいています。
「talkappi」の導入施設一覧(2023年10月24日現在)
・箱根・芦ノ湖 はなをり
・箱根・強羅 佳ら久
・函館・湯の川温泉 ホテル万惣
・会津・東山温泉 御宿 東鳳
・黒部・宇奈月温泉 やまのは
・別府温泉 杉乃井ホテル
・クロスホテル札幌、クロスホテル京都、クロスホテル大阪
・クロスライフ博多天神、クロスライフ博多柳橋
・ホテルJALシティ羽田 東京、ホテルJALシティ羽田 東京 ウエスト ウイング
・ハンドレッドステイ 東京新宿 他

オリックス・ホテルマネジメントはオリックスグループの運営事業を担う会社として、全国17の旅館・ホテルを運営する日本のホテル運営会社です。北海道から大分まで、日本全国にホテルを展開しています。ビジネスと観光の中心都市に位置するホテルは、アクセスが良好で、客室も清潔で快適。豊かな自然や温泉に恵まれたリゾートホテルや旅館は、地域の特色や魅力を生かした運営で、大手宿泊予約サイトの人気宿1位受賞。2022年10月からの水際対策緩和に伴い、インバウンド観光が回復に向かっています。外国人観光客の接客に備えて、多言語対応可能な「talkappi」を全施設に導入し、各施設の特徴に合わせて様々な場面で活用されています。

また、talkappiを導入した施設の担当者様より、以下のコメントをいただきました。

「LINEとの連携が完了したことで、トーカッピの運用も順調に進んでいます。現場からも問い合わせの電話やメールが大幅に減少し、大きな成果を上げており、この場を借りて御礼申し上げます。さらに、ChatGPTへの対応も驚くべき速さで進んでおり、開発スピードに感嘆しています。」

株式会社アクティバリューズは、「観光で地域を元気にする、交流を通じて世界平和に貢献する」という理念のもと、観光分野の技術革新に挑戦し続けています。今後も機能の拡張とサポート領域の拡大に注力し、より一層のサービス向上に取り組んでまいります。

詳細な情報について、お気軽にお問い合わせください。
URL: (リンク »)


■会社概要
会社名:株式会社アクティバリューズ
所在地:東京都渋谷区代々木1-30-14
会社設立:2016年6月17日
代表取締役社長: 陳 適
資本金:1億9,270万円(資本準備金を含む)
URL: (リンク »)

株式会社アクティバリューズは、「観光で地域を元気にする、交流を通じて世界平和に貢献する。」という理念のもと、観光分野の技術革新に挑戦し続けています。今後も機能の拡張とサポート領域の拡大に注力し、より一層のサービス向上に取り組んでまいります。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社アクティバリューズ
info@activalues.com
担当:妹尾(営業)、李(広報)

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

「talkappi」は、観光分野に特化したAI活用の顧客体験プラットフォームです。日本語、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語を含む最大109言語に対応可能、ホテル・旅館・観光自治体・観光体験事業者を中心に日本国内で600施設以上に導入されています。導入施設の公式HPに加えて、公式アプリ、LINE公式アカウント、Facebookページ、WeChat公式アカウントなど様々な顧客チャンネルに対応しています。詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]